カテゴリー別アーカイブ: 観光・観光地

3月9日 富津海岸潮干狩り場 晴れてオープンし賑わいました!

2019年3月9日 富津海岸潮干狩り場が春らしい晴天に恵まれ、オープン当日賑わいました。

あさりの大きさは順調な生育を見せているとのこと

富津公園キャンプ場やジャンボプール、海水浴場やテニスコートなどもあり家族連れにも人気の潮干狩り場で、無料の駐車場を1200台と充実している。

開催期間は 2019年3/9(日)~9/4日(水)

イベントや、料金、持ち込み禁止用具などの確認はhttp://www.city.futtsu.lg.jp/0000000314.html

営業時間が潮の干満により異なるので、漁港のHPの潮見表で確認のうえお出かけください。

http://www.jf-futtsu.com/1-shiohigari/shiomi.html

3月24日まで開催 日本の太鼓・世界の太鼓 松戸市立博物館で展示中!

国内外の太鼓を集めた企画展が3月9日から私立博物館で始まった。

様々な形や素材の太鼓を楽しむことができ、中でも目を引くのがパプアニューギニアの「トゥムトゥ」。ワニが口をひらいた姿の木彫りで、鼓面にはトカゲの皮が使われている。

東日本大震災の被災地で演奏に使われ、湖面に大勢の人々の手書きでメッセージが書かれた「希望の太鼓」も展示している。

3月17日には、 和太鼓の公演も行われる

  • 太鼓館職員による展示解説会
  • 和太鼓の公演

詳細は、https://www.city.matsudo.chiba.jp/m_muse/tenji/taikoten.html

一部文章、2019年3月10日 読売新聞 東葛版を参考

2019.3.21マツド駅前ホコテンプロジェクト 

日時: 2019年3月21日(祝)11:00〜17:00
【高砂通り~ふれあい中通り】 (歩行者天国)

【西口公園】XPによるスケートボードランプ、クライミングウォール、トランポリン、デモストレーションなど

【春雨橋親水広場】みんなで作るピックニック。ベーグル、スコーン、コーヒー、肉とビールなどでお楽しみください。

【松戸駅西口デッキ/プラーレ松戸】超ド盛り上がりのミュージックフェス。サンプラザ中野くんが参戦

https://www.city.matsudo.chiba.jp/InternationalPortal/en/UpcomingEvents/eventscalendar_mar19.html#cmshokoten

ミュージアムへ行こう 両国花火資料館 三尺玉がドーンと出迎え

読売新聞2018年9月11日夕刊より


資料館を見た後、御近所散策もいかが??

吉良邸跡(本所松坂町公園)

こちらは、無料で見学が出来ます。

http://visit-sumida.jp/spot/6175/

秋場所が行われている両国国技館も近くす!

回光院 http://ekoin.or.jp/guide/

こちらは、鼠小僧次郎吉のお墓

長年捕まらなかった運にあやかろうと、墓石を削りお守りに持つ風習が当時より盛んのようです。

お相撲さんご用達の

キングサイズ 両国 ライオン堂 http://www.liondo.co.jp/

 

松戸市版「図柄入り自動車用ナンバープレート」デザイン案大募集。7/16まで

松戸市版図柄入り自動車ナンバープレートが導入されることになりました!2020年交付予定の自動車用ナンバープレートのデザイン案を松戸市が募集を開始。

あなたのデザインが松戸をPR!!

https://www.city.matsudo.chiba.jp/shisei/keikaku-kousou/numberplate/boshu.html

松戸観光案内所に行ってきました!


◎松戸駅から徒歩1分。西口のバスロータリーから松戸市民劇場に向かう通りにあります。2017年7月からオープンしました。

千葉県松戸市本町7番地の3
047-703-1100
午前10時〜午後6時
月曜(国民の休日にあたるときはその翌日)及び年末年始

◎観光案内所の愛称は公募により「FEEL MATSUDO」に決定

◎松戸に住んでいる人にとって、観光はピンとこないかもしれないのですが、松戸の良さ、千葉の良さを知ってもらうための書籍などが揃えてあります。

◎また、市が発行している松戸市を案内するパンフレットもあります。日本語以外のパンフレットも用意してあり、海外からのお客様にも配慮しているようです。

◎名所だけを案内する観光というより、松戸がどんな取り組みをしているか?というパンフレットなどもあります。松戸を盛り上げていこう!という活気づけるものにアンテナを張っているということのようです。

松戸市で発行しているパンフレットだけでなく、民間の企業だったり、京成電鉄のお出かけ情報誌なども揃えてあります。

姉妹都市出会ったり、松戸にある大学の姉妹校のある都市など関連のある都市の情報も置いてありました。

今、松戸には海外から日本語学校に通いながら働く奨学生が増えており、英語以外にもベトナム、中国語のガイドがありました。

観光という目的だけではなく、松戸に引っ越してくる方、松戸ってどういうところ?と思ったら、行ってみると発見がありました。

大人だけではなく、まだまだ松戸で暮らして間もない小学生が、松戸ってどんな街なんだろう?って思ったら、遊びに行くと、案内所の人が質問に答えてくれますよ!!

資料がなくても、イベントなどの情報はいち早く観光協会に届くように、しているそうです。知りたいことがあったら声をかけてみると最新情報をゲットできるかもしれません!!

https://www.matsudo-kankou.jp

観光協会のツイッターやフェイスブックにも松戸の情報を更新中なので、ぜひごらんください!とのことでした。知っているようで知らない松戸を再発見してみてくださいね!