取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

和食 香川県

釜おじゃこ
岡田武市商店

話題広がる小豆島の佃煮

醤油の産地、香川県・小豆島で六十余年。佃煮屋を営む岡田武市商店の「釜おじゃこ」は、やさしい甘みとふっくら柔らかい仕上がりが特徴。白ゴマの風味とおじゃこ(かえりちりめん)の甘みが相まって、なんとも言えない素朴な味わい。おにぎりの具や酒のアテにもぴったりだ。

おじゃこは、旬の時期に水揚げされた瀬戸内産の高級品。醤油は、国産丸大豆と小麦を杉樽で発酵させて作る、昔ながらの小豆島産の醤油。さらに砂糖・みりんに至るまで全て、国産の厳選したものを使用している。

「原材料費が高くついてしまって(笑)。でも、味の良さには代えられません。良い素材を用いているので、化学合成の添加物は必要ないんです」と岡田さん。

この良質の素材を、職人が少量ずつ炊いていく。「季節や気温によって、火加減を変えていきます。手間ひまかけてこそ、おいしく炊けるんです」(岡田さん)

老舗の佃煮屋が、愛情込めて炊きあげた「釜おじゃこ」は、自然が育んだおいしさをたっぷりと味わえる。ご飯のお供になくてはならない存在になりそうだ。

※賞味期限は製造日より90日

岡田武市商店 http://www.tsukudaniyasan.com/item/475.html

読売新聞 4月25日水曜日 掲載