取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

和食 宮城県 東北・北海道

ほや酔明
水月堂物産

乾燥珍味「海の味」凝縮

その形から「海のパイナップル」とも呼ばれるホヤ。新鮮な県内産を秘伝のたれでつけ込み、乾燥させて細かく切った珍味だ。かむほどに磯の香りが広がる。

大宮–盛岡駅間で東北新幹線が開通した1982年、車内販売の名物にと、石巻市の水産加工会社「水月堂物産」が開発・製造。キャラメルのようなオレンジ色の小箱が特徴で、酒の肴としても親しまれ、年間およそ30万箱が売れる定番品となった。商品名には「明るく酔えるように」との思いが込められている。

昨春には「新婚ほやほや」がラインアップに加わった。新婚カップルをイメージして甘酸っぱい味付け。結婚式のプチギフトにと、ウェディングプランナーに売り込み中だ。

水月堂物産社長より
乾燥させているので、味が凝縮されています。三陸以外ではなじみが薄いと思うので、『海そのものの味』と言われる味わいをぜひ一度体験してほしい。気に入ったら生のホヤも食べてください。

水月堂物産HP http://www.suigetsudo.jp/

読売新聞 2018年3月1日 ふるさとの逸品より

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です