取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

九州・沖縄・四国 和菓子 徳島県 洋菓子

岩屋まんじゅう
滝口清水堂

栗を包むのは洋風の皮

徳島県勝浦町の和菓子店「御菓子司 滝口清水堂」は1954年創業で、3代目の滝口明洋さんを中心に家族で営む店だ。代表銘菓の「岩屋まんじゅう」は、大粒の栗とインゲン豆の白あんを、小麦粉とバター、卵入りの皮で包んだ洋風焼きまんじゅう。初代が考案した。

とても素直な美味しさだ。存在感ある栗に、サクサクとした皮としっとりとした白あんがよく調和している。甘すぎず、大きさもほどよく、食べ応えもある。どこか懐かしく、優しい気持ちにさせてくれる味。どなたにも安心して薦められる。

菓銘は近隣にある名跡で、星の岩屋とも呼ばれる星谷寺にちなんでいる。その昔、空海が災いをなす悪星を閉じ込めたという伝説のある場所だ。初代はたびたび参詣し、「自分の店を始める時は、この名の菓子を」と心に決めていたそうだ。

現在、勝浦町は高齢化が進み、過疎に悩んでいる。滝口さんは現代の好みに合った新しい和菓子を模索しながら、東京から移住してきたカフェオーナーとともに、コーヒーと和菓子のイベントを開催して、町おこしを図っている。

滝口さんは「勝浦町の魅力を高めること、お客さんを呼べる和菓子屋になること。この二つが今の目標です」と話している。まだ動き出したばかりだが、いつか大きな力となって勝浦が賑やかで楽しい町になってくれたらと思っているという。

読売新聞 甘味主義より

紹介HP 御菓子司 滝口清水堂

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です