取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

千葉 和食 関東

ひ志お
銚子山十

「ひ志お」とは、奈良時代からある伝統的な発酵調味料「醬」のこと。

製造・販売する「銚子山十」(銚子市)では、大豆と大麦から麹を作り、塩水を加えて1年以上熟成させて完成させる。見た目は味噌の王だが中身は醤油に近い。

1630年に創業。調子は麹の発酵に適した気候で醤油造りが盛んな土地。元々は醤油醸造が中心だったが1700年代頃から副業として「醬」を作り始め、今も当時の製法を守り続けている。

「醬」は、野菜につけたり、ご飯にのせたり和食的な使われ方が多かったが、最近はクリームチーズにのせてお酒のお供にしたり、ピザのトッピングにしたりと、幅広い食べ方が広待っているという。

「ひ志お」のお取り寄せ—「銚子山十」http://www.hishio.co.jp

「ひ志お」を使ったお料理を出している銚子港 鮪蔵ご紹介

※2016.4.15読売新聞 「ふるさとの逸品」より