取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

中部・北陸・東海 和食 洋食 石川

じろあめ(壺入り)
俵屋 

「城下町金沢」で暖簾を守って百八十余年自然の甘みの食文化を今に伝える。

創業天保元年、連綿百八十余年の伝統を誇る俵屋は金沢で一番古いあめ屋です。

俵屋のあめは初代次右衛門が創業時、乳飲み子を抱えながらも母乳が出ず困り果てていた母親達の姿を見て、何とか母乳の代わりになる栄養価の高い食品はないかと、考えた末に作り上げたのが始まりだそうです。

じろあめの原料は良質の米と大麦のみで造る、砂糖がわたしたちの生活に入ってくる以前に穀物から甘みを得た昔ながらの麦芽糖。砂糖や添加物は一切使用していない、自然の甘さが特徴なので、子どもからお年寄りまで安心して食べられます。

金沢では昔から料理の隠し味としたり、冬は生姜湯などで体を温めるのに利用しているそうです。

月刊ハロー 12月号「日本全国お取り寄せグルメ特集 石川編」より
俵屋 HP http://www.ame-tawaraya.co.jp/shopping/shopping_jiroame.html

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です