取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

和食 山陰・山陽 広島県

広島れもん冷やし甘酒
よしの味噌

100%果汁でさっぱり

国産の米と米こうじで仕込んだ甘酒に、広島県産レモンの100%果汁を加え、ヨーグルトのようにさわやかでフルーティーな味わいを実現した。

みその蔵元、よしの味噌が「甘酒には独特の甘みやドロドロした食感が苦手な人も多く、改良の余地がある」と目をつけた。酸味と甘みのバランスにこだわり、レモン果汁の量を調整して5月に発売した。

さっぱりとした風味で、アルコールを含まない。運動後や風呂上がりに気軽に飲める。美容や健康を機にする人にもお薦めだ。飲み残しを隷属湖に保存しやすくするため、ゼリー飲料のように、蓋を開け閉めするタイプの容器を採用した。シャーベット状に凍らせれば涼味スイーツとしても楽しめる。

若者を中心とした食生活の変化によって受ける影響は大きい。味噌の売り上げが伸び悩む中、1917年創業の老舗は、地元の食材を使った新商品の開発を目指すようになった。

温暖な気候の広島県は、かんきつ類の栽培に適している。生産量で国内トップのレモンを活用して、2013年以降は焼肉のたれや塩焼きそばのソース、ラーメン、スープなどを次々に売り出している。

レモンを使った商品の定番が「広島れもん鍋のもと」だ。味わい深い塩こうじや、さっぱりしたレモン果汁などを組み合わせることで、あっさり味に仕上げた。

読売新聞 2017年8月22日 お取り寄せの味より

よしの味噌HP http://yoshinomiso.com