取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

九州・沖縄・四国 和食 長崎県

牧島大ちくわ
塚原蒲鉾店

長さ16センチ、直径8センチ、重さはなんと650グラム。長崎市牧島町の塚原蒲鉾店が手がける「牧島ちくわ」は肉厚で、目方は普通のちくわの4倍を超える。穴が大きく見通しが良いことから、結婚式の引き出物など縁起物として人気を博している。

なぜこのサイズになったのかははっきりしないが、かつて加工場の近くに遊郭があり、遊女の枕に見立てて作るようになったとの説もある。

総務省の家系調査では、長崎市の1世帯あたり魚肉練り製品の年間支出額は全国トップクラス。特長であるコリコリとした食感を引き出すため、天候に応じて水の量を調整するなど、練り物の味にうるさい長崎の人をもうならせる、妥協しないちくわ作りを続けている。

2016年5月26日 読売新聞 ふるさとの一品

販売サイト: http://www.toku-shin.jp/shop/item_detail?category_id=404282&item_id=1608014