取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

九州・沖縄・四国 和食 熊本県

うにからすみ豆腐
丸健水産

海の幸のウニと高級珍味のからすみ、そして山の幸の豆腐のみそ漬けをブレンドしたぜいたくな一品だ。熊本県天草市でウニを中心に水産品の加工販売を営む「丸健水産」が2015年2月に発売した。

口に入れると、まず大豆の香ばしい風味が広がる。次にからすみのプチプチとした食感が心地よく伝わり、次第に磯の香りに包まれる。ご飯のお供に、お酒のおつまみに合いそうだ。

地元の百貨店から「ワインに合う特産物をつくれないか」との打診があり、ボラの卵巣を塩漬けしたからすみとウニを混ぜた自社商品「うにからすみ」に合う食材を探した。県内山間部の五木村に伝わる郷土料理の発酵食品「豆腐のみそ漬け」を混ぜ、クラッカーに塗ったところ、クリームチーズのように濃厚で柔らかい味わいとなりワインにもぴったり。早速、商品化を決めた。

熊本・天草地方の沿岸部は干満の差が揚げしいために潮の流れが急で、餌となる海藻が育ちやすく、上品な甘みのあるウニが取れるという。熊本地震で甚大な被害を受けた熊本だが、野崎健社長は「食材を通し、天草から熊本を元気にしたい」と張り切る。

看板商品は「うにからすみ」だ。生のからすみとウニを同じ割合で混ぜ合わせ、0〜2度と低温の冷蔵庫で2週間熟成させる。天日干ししたからすみに比べ、しっとりと塩がなじみ、まろやかな味わいに仕上がるという。木だる詰めで贈答用にもぴったり。

2016年6月7日 読売新聞 お取り寄せの味より

丸健水産HP http://www.maruken.net/menu/uni-kara.htm