取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

中部・北陸・東海 和食 富山県

白えびかき揚げ丼セット
なかしま

富山湾の宝石 丸ごと

 富山湾でとれる白エビは、透明感のある淡いピンク色をして美しいことから、「富山湾の宝石」と呼ばれる。漁期は例年4月から11月までで、今年の漁は始まったばかりだ。

富山では「県のさかな」として親しまれ、以前はすし店で刺し身として出されることが多かった。近年、関心が高まり、白エビ味のせんべいやバーガーまで登場。中でも人気なのが、かき揚げ丼だ。

今回紹介する富山県南砺市の食品メーカー「なかしま」の「白えびかき揚げ丼セット」は、富山産の白エビを丸ごと使い、国産のニンジン、タマネギ、コマツナを小さく切って天ぷら粉でまとめて揚げたものだ。

熟練の職人が一つ一つ手作業で行い、ふんわりと揚げている。「国産の食材にこだわり、天ぷら粉も独自の配合で白エビの香ばしさや野菜のうまみを楽しめるように仕上げています」と同社営業部の新里史朗さん。

冷凍で届くので、電子レンジで温め、温かいごはんにのせると、出来たてと同じくおいしく食べられる。白エビの控えめな甘みが上品で、サクサクとした食感が楽しめる。しょうゆベースで甘みのある、別添えのタレをかけてもよいだろう。
お取り寄せは、富山の特産品を扱う県いきいき物産のホームページ「ととやま」などで受け付けている。

お酒は南砺市にある成政酒造の「佐々成政(赤)純米吟醸酒」がよく合う。富山の戦国武将から名前をとっており、きりっとした清冽な味だ。

読売新聞 2020年4月29日 辛味主義より

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です