取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

洋菓子 神奈川 関東

津久井きなこのダックワーズ
セ・ラ・セゾン!

特産大豆の濃厚な甘み

相模原市の特産「津久井在来大豆」のきな粉をたっぷり使った焼き菓子。同市に本店を構える洋菓子店「セ・ラ・セゾン!」が、地元の銘菓にしようと2012年に開発、発売した。

この大豆は同市内にある津久井地方の山間部を中心に古くから育てられている。昼夜の寒暖差が大きいため、大豆本来の濃厚な香りや甘みが特徴だ。

きな粉は、アーモンドパウダーと新鮮な卵を混ぜた生地、北海道根釧地区の香り豊かなバターを使ったクリームの両方に練り込んでいる。17年には地元の人気投票で土産品の第1位に選ばれた。

粉砂糖をふって焼き上げた表面はカリッとしているが、生地の中はやわらかく、アーモンドときな粉が絶妙に絡み合う味わいだ。

「セ・ラ・セゾン!」経営者の清水さんより

「地元の食材を探している時に津久井在来大豆と出会い、個性的な味を大勢の人に知ってほしいと使うことを決めました。地のものを使って、相模原市を発信することが菓子店の使命だと思っています」

2019年9月5日 読売新聞 ふるさとの逸品より

セ・ラ・セゾン!HP http://cest-la-saison.com/portfolio-items/12423/

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です