取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

中部・北陸・東海 和菓子 石川

彩り和ラスク
和楽紅屋

能登の味わいをサクッと

パティシエの辻口博哲さんが店主を務める「和楽紅屋」味わいを一新して4月に発売したラスクのセット。辻口さんの出身地である石川の食材を生かした、五つの味わいが楽しめる。

「珠洲の塩バニラ」は、能登の「珠洲の塩」が、バニラの風味を引き立てる。「赤崎いちご」は能登で取れるいちごをジャムにしてバターとともに塗り、焼き上げた新鮮なラスク。ジャムのフレッシュな酸味と甘みが印象的だ。

「五郎島金時」は、加賀伝統のサツマイモのコクのある甘みが生きている。「ホッコク赤海老」は、金沢港で水揚げされた甘エビを、殻も身もミソも丸ごと粉末にして塗っている。濃厚なエビの風味は、酒との相性も抜群だ。

「輪島わかめ」には能登の海女が手で摘んだ天然ワカメを使っている。七味唐辛子が海の香りにアクセントを添えている。

どのラスクもサクッと軽い食感だ。ラスク専用のフランスパンに、ジャムなどを一枚一枚手で塗って焼き上げている。

 定番商品は「和ラスク」は、上品な甘さの砂糖「和三盆」や、北海道産の発酵バターを使ったラスク。飽きの来ない優しい甘さが特徴だ。パティシエとして数々の世界大会に出場してきた辻口さんの「日本文化で世界に挑戦する」との思いが込められている。