取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

洋食 茨城 関東

納豆チーズディップ
だるま食品

パンや野菜と 洋風に

クリーミーな舌触りの後に、ほのかに納豆の香りが立つ。水戸市に本店を構える「だるま食品」が納豆の新しい食べ方を提案しようと、3月に発売した。

納豆の本場である水戸市だが、家庭での納豆購入額は2017、18年とも1位を他市に譲っている(総務省家計調査)。このため、「いろいろな食べ方をできる商品ですそ野を広げたい」と開発に着手。パンに合わせることを狙い、洋風のディップに仕上げた。

ふだん納豆を食べない人にも受け入れてもらえるように、においは控えめだ。しょうゆの風味をつけたチーズに、刻んだたまねぎを加えて食感にアクセントをつけた。ドライ納豆の粉末を使って常温で8か月の賞味期限を実現し、土産としても持ち運びやすくした。

 

「だるま食品」専務取締役高野友晴さんより

「納豆にチーズを入れるとおいしいので、それを製品化しました。フランスパンや野菜スティック、ゆで卵と合わせて朝食に食べるのがおすすめです」

2019年 10月3日 読売新聞 ふるさとの逸品より

だるま食品HP http://www.darumanatto.jp/

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です