取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

栃木県 洋菓子 関東

恋するいちご
JAはが野

1個を半分 味わい丸々
イチゴ生産量日本一の栃木県真岡市と周辺の「とちおとめ」をフリーズドライし、ホワイトチョコレートで包んだ。半分にカットされているため、断面の淡い赤色が印象的だ。とちおとめ特有の甘酸っぱさがそのまま閉じ込められており、サクッとした食感とともに上品な香りが楽しめる。

製造・販売する同市の「静風」は結婚式場など宴集会施設の経営が本業だ。8年前に結婚式の引き出物として作ったが、1個丸々コーティングしたため、イチゴの魅力が伝わらず、製造を休止していた。試行錯誤した結果、半分に切ることにたどり着き、式場ならではのネーミングで2017年に発売した。

幅広い年齢層からの評判が良いことから都内のデパートなどでも扱っている。

JAはが野組合長の国府田厚志さん「とちおとめのおいしさがそのまま詰まっており、短期間で『いちご王国・とちぎ』を代表するクオリティーの高いお菓子に成長しました。フリーズドライなので、年間を通して楽しめるのがいいですね」

2020年1月16日 読売新聞 ふるさとの逸品より

恋するいちごHP https://ichigogashuyaku.com/

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です