取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

中部・北陸・東海 和食 静岡県

黒はんぺん
さすぼし蒲鉾

昔ながら イワシの風味

1890年(明治23年)に静岡県で創業した「さすぼし蒲鉾(かまぼこ)」。「さすぼし」の名前は、屋号からきているという。現当主、古牧久弥さんで5代目になる。

創業の前年に東海道線の新橋―神戸間が全線開通し、鉄道がこの地域を通るようになった。東京への夢が広がり、地域は非常ににぎわったと伝えられる。かまぼこや黒はんぺんなどは元々、漁師が自家用に作る保存食だったが、やがて東海道線で東京の魚河岸に運ばれるようになっていった。

今は扱う商品も多くなる中、添加物を使わず、古き味を守っているのが、イワシを使った名物の黒はんぺんだ。

創業当時のまま、イワシをメインにして、つなぎにほんの少しのタラやイトヨリを使うのみ。機械を導入することなく作り続けている。サクラエビでも知られる地元、由比の浜の伝統を守っており、素朴な味の酒の肴だ。

商品の袋を開けると、海の香りがする。よりおいしく味わうには、1枚ずつさっと焼くといい。油を加えず、焼き過ぎないようにするのがコツ。歯ごたえがあり、イワシの豊かな風味が感じられる。

近頃は、ご当地グルメ「静岡おでん」の具材の一つとしても知られるようになっている。
お酒は同じ地域の「英君 純米大吟醸」(英君酒造)、「正雪 純米吟醸」(神沢川酒造場)。それぞれ味わいが異なるので、飲み比べてほしいと古牧さんに薦められた。

さすぼし蒲鉾HP https://www.rakuten.co.jp/sasuboshi/

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です