取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

和菓子 奈良県 関西

ぶと饅頭
萬々堂通則

伝統の唐菓子モチーフ

砂糖をたっぷりまぶしたギョーザのような形の生地に、甘さ控えめのこしあんが包まれている。包装紙にあしらわれた紫色の下がり藤は、奈良市の世界遺産・春日大社の社紋だ。

奈良時代に遣唐使が持ち帰り、今も春日大社の祭礼で神にお供えする米の粉を団子状にした唐菓子「ぶと」がモチーフになっている。

江戸時代創業の同市の老舗「萬々堂通則」が戦後まもなく、古都・奈良で1000年以上も受け継がれてきた歴史やユニークな形に注目。ぶとを模した揚げ饅頭を考案した。

職人が木型を使って一つずつ形を整え、コーン油でからりと揚げる。上品な味わいで店の看板商品であるとともに、奈良土産の定番としても親しまれている。

「萬々堂通則」広報担当の高野さんより

あんドーナツのようですが、油っこくない素朴な味わいで、お茶会でもよく使ってもらっています。饅頭発祥の地と言われるなど、長い歴史がある奈良に、想いをはせてもらえればありがたいです。

2019年7月25日 読売新聞 ふるさとの逸品より

萬々堂通則HP https://www.manmando.co.jp/

 

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です