取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

和菓子 山陰・山陽 鳥取県

貝がらもなか
ふね

ホタテの貝殻をかたどったもなかをかじると、粒あんの小豆の香りと優しい甘みが口いっぱいに広がる。1971年創業の和菓子店「ふね」(鳥取市)が、かつてホタテ貝漁で栄えたという鳥取県沿岸部に伝わる民謡「貝殻節」にちなんで考案した。

粒あんは、北海道産を使用。独自の製法で小豆の粒の食感を残しながら、水あめや寒天を混ぜて仕上げ、さっくりとした口当たりの皮で包む。添加物を入れないため、賞味期限は4、5日と短いが、あんの濃厚な風味が魅力だ。

味で勝負しようと、ほとんど宣伝していないが、口コミで評判が広がり、今では1日平均1000個を売り上げる人気商品。幅広い世代に受け入れられている。

2017年5月18日 読売新聞 ふるさとの逸品より

御菓子処 ふね http://kaigaramonaka.com/item/kaigara/