取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

和菓子 山陰・山陽 岐阜県

柿羊羹
つちや

高級干し柿 琥珀色に

かつて朝廷や幕府に献上された岐阜県美濃加茂市特産の高級干し柿「堂上蜂屋柿」を材料とする。自然な甘みに加え、ゼリーのような軟らかい食感。干し柿の黒ずんだ色ではなく、透明感のある琥珀色を発し、見た目も楽しめる。

1755年(宝暦5年)創業の同県大垣市にある老舗菓子店「つちや」の4代目・槌谷右助が1838年(天保9年)に開発。柿は、近隣の100軒を超える契約農家が栽培している。

11月頃に収穫した柿の皮を剥ぎ、天日干しする。10日ほどして刷毛で磨くと、干し柿特有の甘さ成分である果糖の白い粉が表面に浮き出てくる。これをすり潰してジャム状にし、砂糖、寒天を煮詰めたものを混ぜ合わせる素朴な製法で、自然な味わいを引き出す。

「つちや」9代目社長・槌谷祐哉さん

明治時代から竹の容器を使用し、岐阜のお土産として親しまれています。地元の料亭では柿羊羹とチーズを合わせておつまみとして出しており、ワインやウイスキーにも合うとの声をいただいています。

読売新聞 2019年11月28日 ふるさとの逸品より

御菓子 つちや https://www.kakiyokan.com/shopping/category.php?cid=3

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です