取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

九州・沖縄・四国 和食 沖縄県

まーさむん らふてぃ(醤油)
上原ミート市場前本店

とろける 白豚の黒糖煮

沖縄でよく食べられる食材と言えば、豚肉だ。黒糖でじっくり煮込んだものやいためた品など、特徴ある料理が毎日の食卓に上る。

那覇市の台所と言われる第一牧志公設市場で1953年(昭和28年)から精肉店を営む「上原ミート」。琉球在来豚のアグーをルーツに持つブランド豚「あぐー」を始め、国産の白豚・ランドレース種、石垣牛などを扱うほか、この会社ならではの味を誇る家庭的な加工品も販売している。

今回ご紹介する「らふてぃ」も、そうした加工品の一つ。皮付きの白豚を黒糖や酒盛、みりんなどでじっくりと煮てから寝かしている。ちなみに商品名に付く「まーさむん」とは、おいしいものという意味だ。

煮汁とともに真空パックに入れて冷凍で送られてくる。解凍後、湯煎して食べる。肉のうまみと、とろけるような軟らかさが魅力だ。

ご飯にも合うが、本場では沖縄そばにのせて食べるのが本式。あぐーと異なり、白豚だと脂が少なく、そばとよく合う。現地ではゴボウなどと一緒に煮付けレウこともあるという。暑い夏、ぜひ試してほしい。

同社は「軟骨ソーキ」も扱っている。豚肉のあばら骨付近の軟骨を、らふてぃと同じ味付けで長時間煮ている。

市場前本店の店長、山入橋丈也さんが薦めるお酒は、「泡盛 まさひろ」(まさひろ酒造、沖縄県糸満市)。沖縄の夏料理を楽しんで泡盛を一杯どうぞ。

2019年6月29日 読売新聞「辛味主義」より

上原ミート市場前本店 http://shop.u-meat.net/

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です