取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

和菓子 岩手県 東北・北海道

ごま摺り団子
松栄堂

黒ゴマの蜜 あふれ出る

一口サイズの真っ白な団子を噛むと、中から真っ黒なゴマの蜜がぴゅっと飛び出てくる。1988年の発売以来の人気商品だ。

岩手県南部は豊かな餅文化を誇る。一口サイズの丸餅の上にずんだ、クルミなどを絡めた「もち膳」があるが、土産品には難しい。

一関市の「松栄堂」は試行錯誤し、もち膳で定番の黒ゴマの蜜を団子の中に入れて冷凍状態で販売することを考案した。「ごま摺り」という商品名がサラリーマンに受けたのか、発売当初から売れ行きは好調という。

団子は東北産のうるち米をブレンドして弾力を出し、蜜は黒ゴマ、砂糖などに加え、醤油を入れることで、甘さだけではなく、深くてこくのあるうま味を引き出している。

松栄堂営業部長産より

ご賞味の際は、常温で2時間解凍するのが基本ですが、暑い季節は1時間で食べるのもおすすめです。団子はシャーベット状で、ゴマの蜜が口の中で溶けていくのが気持ちいいですよ。

読売新聞 2019年6月27日 「ふるさとの逸品」より

松栄堂 https://shop.shoyeido.co.jp/shop/default.aspx

 

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です