ふく白子リゾット
ふく太郎

なめらか食感 手軽に

濃厚な味わいになめらかな食感が特徴のフグの白子。高級食材を手軽に楽しんでもらおうと、東京・銀座にも店舗を構える「ふく太郎本部」(北九州市)が温めるだけで食べられるレトルトのリゾットを作った。

トマト仕立てと豆乳仕立ての2種類。トマトはチーズやニンニクを使い、しっかりとした味わいが若者に人気で、あっさりとした風味の豆乳は黒こしょうとオリーブオイルを利かせ、高齢層を中心に好評という。

北九州市と市内の食品メーカーのブランド「北九いいと」の商品として、2018年に開発。職人たちが手作業で下処理した国産のマフグやごマフグの白子を約20gとたっぷりと使った。玄米やもち麦を使ったヘルシーさも魅力だ。

ふく太郎本部の総務部長より

なめらかな白子の食感を、レトルトで残すのが難しかったです。高価とされるフグですが、手軽に味わってもらい、多くの人にフグのおいしさが広がるきっかけになれば嬉しいです

2019年6月20日 読売新聞 ふるさとの逸品より

ふく太郎本部 http://www.fukutarou.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です