玉だれ杏
長野風月堂

旅人癒す甘酸っぱさ

長野市の善光寺の門前に、和菓子店「長野風月堂」がある。創業は1886年(明治19年)。名物の一つが「玉だれ杏」だ。3代目の宮島豊治郎が考えたもので、大正時代の店の写真には菓子の名を書いた紙が見える。現在は5代目の章郎さんが店を守る。

信州名産のアンズと寒天で軟かなようかんを仕上げ、求肥餅で包んで、ヤマイモのすりおろしを固めたそぼろを散らしたものだ。甘酸っぱいアンズのようかん、なめらかな求肥餅、サクッとした軽い歯触りのそぼろが一つになって楽しい。

「一生に一度は善光寺参り」と言われ、多くの参拝客が訪れる土地。程よい甘さが旅の疲れを癒したことだろう。土産菓子としても喜ばれ、著名人にも愛されてきた。

風月堂は江戸時代中期、現在の東京・京橋に開いた店が始まりで、店名は松平定信の命名と伝わる。長野風月堂の初代も東京で修業し、のれん分けされた。

こちらは一階が店で裏手に工場があり、2階が住まいという昔ながらの菓子屋の造りだ。

かつては酸っぱくて、そのままでは食べられなかったアンズが、最近はすっかり甘くなった。力強さが欠けて菓子にしづらくなったと嘆くが、「父祖から伝わった味を守り、職人たちが手作りしています」と章郎さん。これからも、信州を訪れる旅のお供となるような菓子づくりを目指したいという。

2019年5月10日 読売新聞 甘味主義より

長野風月堂 http://nagano-fugetsudo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です