味付たら
早崎商店

うま味と風味 ご飯のお供

温かいご飯にのせて食べると、凝縮されたスケトウダラのうま味と独特の風味が口の中に広がる。

オホーツク海などで取れ、塩漬けされて福井まで運ばれたスケトウダラを、絶妙な加減で塩出しした後、冷風を当てて乾燥させる。骨は手作業で抜き取り、身を細かく切っていく。

江戸時代から明治時代にかけて北海道の物産を運んだ北前舟の寄港

地として栄えた三国港の近くで生産されている。

明治創業の「早崎商店」が戦後まもなく、「縁の深い北海道の厳選素材にこだわりたい」と、「オーロラ印の味付たら」として発売。米どころ・福井の「ローカルフード」として親しまれている。酒のさかなにも合う。

早崎商店工場長より

夏は塩を濃いめに、冬は薄めに調整しています。炊きたてのご飯にまぜ、少しふやかしてから食べるのがお勧めです。お茶漬けにしたり、いため物にしたりするなど、様々な食べ方が楽しめます

2019年3月28日 読売新聞 ふるさとの逸品より

早崎商店 http://www.hokurikumeihin.com/hayazaki/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です