百一珍
タナカショク

チーズのような舌触り 土佐伝承豆腐

しょうゆをベースにした秘伝の深い味わいと、チーズのような滑らかな舌触りが特徴の珍味。1974年創業の豆腐製造会社「タナカショク」(高知市)が2006年から販売している。社長が新幹線でビールを飲んでいた際、「つまみに豆腐があれば」と思ったのがきっかけで、水切りや薬味がなくても手軽に楽しめる商品を開発した。

高知県四万十町産の大豆フクユタカを、室戸の海洋深層水で仕込んだきめ細かい絹ごしどうふを使用。特別な製法で豆腐の水分を抜くことで、独特の食感を実現した。

しょうゆ味のほか、ショウガ、ユズ、青ノリ、ゴマ、サンショウと県産の素材をふんだんに使った5種類がある。

タナカショク社長より

お酒の席がよりおいしく、楽しくなるようなおつまみとして選んでいただけたら。おつまみのほか、茶漬けやパスタ料理の具材として使うなど、いろんなアレンジで味わっていただけると思います。

2019年2月14日 読売新聞 ふるさとの逸品より

タナカショクHP https://www.tanakashoku.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です