取り寄せBest

Good Coice 〜新聞掲載の逸品〜

中部・北陸・東海 和食 長野県

炉ばたのおやき
いろは堂

生地にそば粉 多彩な具

おやきは、長野県の代表的な郷土料理だ。1925年創業の「いろは堂」(長野市)のおやきは、小麦粉にそば粉を混ぜ、イースト菌で発酵させた生地を使用している。元々パンを製造していたことから、フランスパンと同様の発酵法を取り入れた。

生地で具を包んだ後、一度油で揚げ、窯で焼き上げる工程も同社の特徴。外はカリッと、中はもっちりとした食感が楽しめる。

定番商品の具はブナシメジ、野菜ミックス、粒あんなど8種類ある。なかでも、売れ筋は野沢菜。野沢菜の浅漬けを塩出しし、同県産のみそであえた。ウド(春)、ナス(夏)、マイタケ(秋)、ジャガイモ(冬)といった季節限定の商品も人気だ。

いろは堂の専務取締役より

長野県にゆかりがなくても、どこか懐かしさを感じる食べ物。こんがりした焼き目が食欲をそそります。おやつのほか、朝食としても楽しんでください。

読売新聞 2019年1月 「ふるさとの逸品」

いろは堂HP https://www.irohado.com/

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です