8月6日 営業担当者の雑記

広島74回目の「原爆の日」。つまりあの時に生まれた赤ちゃんがもう74歳、当時の状況を知る人がどんどんいなくなっていきます。どんなに言葉を尽くそうと、どんなに悲惨な画であろうと多分あの日の惨状を伝えることは出来ないでしょう。それでも今残っている人たちが後世にその記憶を伝えていかないと私たちはただ頭でしか怖さを理解できなくなってしまいます。思い出したくないあるいは被爆者であることをすら隠し続けてきたかもしれない人たちに酷なことを承知で「記憶の伝道師役」になって頂きたいと思います。今自国の生き残りを賭けるという名目で必死で核開発を続けている国々がありそれに対抗するためにという理屈で核兵器を持つことを正当化する意見がのさばってきていることに恐怖を感じます。世界で唯一の被爆国である日本は政治的な背景を乗り越えて核の廃絶を訴える義務があります。それは決して夢物語でも空想でも非現実主義者でもありません。なぜなら明日人類が滅亡するかもしれないという現実があり得るからです。

コメントする