2月28日 営業担当者の雑記

2月最終日。今日は久しぶりに朝からまとまった雨が降っています。暫らくぶりなので植物は一息ついていることでしょう。春の今時分は日によってあるいは朝晩の寒暖の差があり体調を整えるのが大変な時期ですね。もう花粉が出始めたようで私も鼻水とくしゃみが大分酷くなってきました。今年は例年より花粉が多いとの予報ですので少々心配です。植物は自分たちの生き残りのために精一杯子孫をばら撒いているだけなのですが、人は自分たちが作り出した化学物質と混ざりあった花粉の為体に悪影響が出るようになってしまいました。自業自得だともいえないほど花粉症は蔓延しています。花粉症は人間だけの症状なのでしょうか?どこだかで猿が酷く患い鼻がズルズルになっているのを見たことがありますが猿にしてみればえらい迷惑な話ですね。人間のように早くから薬を飲んで対応することもないのでシーズン中ずっと苦しむのもいるのでしょうね。同情します。

2月27日 営業担当者の雑記

今日も会社の駐車場で見かけたのですが、背中の羽がやや長く全体的に灰色がかり体を左右に振って歩く体長20cmくらいの鳥がいます。家のそばでもこの時期よく見かけるので何という名前だろうと思っていたのですが「シロセキレイ」なんですね。もともとは冬鳥だったのが環境への順応性が高く今では都会に住み着きすっかりシティーボーイ(ガール)になったようです。この鳥、背中の羽が燕尾服のようで色も落ち着いておりスマートな印象を受けるのですが歩く姿は本当に愛らしいというか赤ちゃんのヨチヨチ歩きですし飛び方も地面すれすれをひょこひょこ鈍くさいので車を運転していてもぶつかるのではないかと心配になります。私の勝手なイメージはやや細方の筋肉質だったのですがそばで見ると少しおデブちゃんなんですね。それで動作が鈍いのでしょうがあんな歩き方、飛び方でよく野良猫に襲われたりいたずらカラスに突かれたりしないものですね。

2月26日 営業担当者の雑記

2月24日号の「松戸よみうり」に新松戸「北限ぎりぎりレモン」と題して松戸産のレモンを紹介していました。記事によると松戸は梨や矢切ねぎだけではなくレモンも産するのだというのです。レモンはもともと瀬戸内海などの温暖な地が収穫されるのですが松戸北部の新松戸で農業を営んでいる鵜殿さんが、住宅地の中に点在している農場で「瀬戸内レモン」に対し「ぎりぎりレモン」と称しレモンを育てている、つまり松戸はレモン産地としては北限だというのです。地球温暖化の影響もあるようですが住宅街の暖かさを利用し試行錯誤の末出荷を始めて4年で今年は3トンを出荷したとのこと。本格的に収穫出来るようになるには10年かかる由。このレモンは勿論カビ剤、ワックスなしということで今年はもう完売なんだとか。昨年9月に新松戸駅前に「MONPE」という柑橘直売所もオープンさせたとのことで「ぎりぎりレモン」が全国区になればいいですね。

2月25日 営業担当者の雑記

まあ今日は暖かい一日でした。20度近くあったのでは?この陽気で最寄駅から会社にくる途中の梅が一斉に咲き始めました。今までまったく気が付かなかったところに枝垂れ梅が咲いてるのを発見したしお待ちかねの梅林もようやく7・8分になりました。真っ青な空ということはなかったのですがそれでも枝からこぼれる様に咲いている花はやっぱり「春」です。巷間白梅が先か紅梅が先かなどと話題になりますが種類によってその咲く時期は随分違うので一概にはいえないのでしょう。以前熱海のMOA美術館で尾形光琳の「紅梅白梅屏風」を見たことがありますが両方がそろって咲いているのはそれはそれは見事なものですね。さすがにあの絵のように大胆で豪華で煌びやかでそれでいて老成した「樹」は光琳の頭の中で咲いていたのでしょうが、梅の木に目立つ薄青色の「ウメノキゴケ」が一種梅に風格を与えているように見えます。これから暫く通勤が楽しみです。

2月22日 営業担当者の雑記

ようやく梅が見ごろになってきました。そして夜帰宅途中であちこちの庭からいい香りが漂ってきます。梅の匂いは不思議(もしかしら花はみんなそうなのかもしれませんが)で夜の方が圧倒的に香ります。藤原定家の歌に「大空は梅のにほいにかすみつつ曇りも果てぬ春の夜の月」というのがありますが平安貴族もやはり夜の梅の香を喜んだようです。「曇りも果てぬ」という表現は大江千里の「照りもせず曇りも果てぬ春の夜の朧月夜にしくものぞなき」に出てくるもので当時は盛んに使われた言い回しなんだというのは私の好きな長谷川櫂氏の受け売りですが、梅の香りが辺り一面にまるで霞に覆われたように広がっている風情がまさにこの表現であらわされているのだと改めて平安歌人の言葉に対する繊細さに敬服しました。昨日は多分16夜だったと思いますがスーパームーンの名残かまだまん丸いそして少し赤い月と梅の香りに帰り着くまでほろ酔い気分でした。