7月31日 営業担当者の雑記

気象上異例づくめの7月が終わろうとしています。今日もとても暑いのですがいやいやまだ一月月半は覚悟した方がよさそうです。人間はもう青息吐息なのですがやたら元気なのが「雑草」です。先日のほんのお湿り程度の雨以外ほとんどカラカラ天気なのですがよく芽を出し伸び続けています。家のまわりは雑草が生えにくいとかいう石を撒いているのですが何の何のものともせずに出てきます。近所の木を切り倒し草をきれいに刈っていた空き地もあっという間に背丈ほど伸びています。どなたかの「雑草と言う種類の植物はない」趣旨の話を聞いたことがあります。確かにおっしゃる通りなのですがそれでも買ってきた花はそのシーズン咲き終わると概ね次は咲かないかしょぼくいつもがっかりしている記憶があります。その点勝手に生えてきた紳士淑女諸氏の元気のいいこと。嘗て「雑草魂」という言葉を好んでいた野球選手がいましたが良く分かります。

7月30日 営業担当者の雑記

一昨日の深夜台風は関東を通過しましたがこの台風生い立ちからしてへそ曲がりで気象予報士泣かせの進路を取る前代未聞のもの。普通台風は南の海上から北上し九州あたりで東に向かうというのがそのルートの筈だが今回は全く逆のコースを通ってしまったので先日大被害を受けた中国、四国地方に再度の被害をもたらしてしまった。まあ神も仏もないものですね本当に。瀬戸内海を通り九州を南下したようですが雨はもう要らないところにしつこく降り関東のようにもしかしたら水が足りないかもといってた地域にはお湿りにケの生えた程度。うまくいかないものです。それにしても被災地の皆さまには大変でしょうが「頑張って下さい」としか言いようがないです。

7月27日 営業担当者の雑記

金曜日の日経夕刊「シネマ万華鏡」を楽しみにしています。あまり大劇場では掛からないような作品が多いように思いますが映画評論家が5点法で採点しています。滅多に最高点はないのですが今週紹介している「スティルライフオブメモリーズ」という作品に映画評論家の宇田川幸洋氏が満点を付けています。横文字が並んでいますが日本人の監督、俳優の作品のようです。ストーリーより映像そのもの、映画そのものの質が高そうでこれは実際に見ないとその良さは分からないのでしょう。もう一つ「ウインド・リバー」というアメリカの作品が紹介されています。これは渡辺祥子氏が4点を付けている作品でスリリングな内容の様です。などと書きながら実のところ私紙上で楽しんでいるだけでチェックを入れている作品にもほとんど行けていません。今は自分の時間の優先順位を一番にしていないので、退職したら溜まっている作品も含め性根を入れて見ようと思っています。

7月26日 営業担当者の雑記

先日一人暮らしの娘から「NHKが来て受信料を払うようになったんだけど」とラインが入った。一人暮らしなので安易にロックを外さないようにはしていたようなのだが、頼んでいた通販の商品かと思い開けたとの事。実際テレビはあるのだがマンションなのでアンテナは共同仕様。どんな人が入居しているのかは分からないはずということで想像するに無差別訪問なのだろう。実際テレビは持っているがNHKを見ることがあるのかかなり疑問なのだがそれよりNHK職員の仕事熱心さというか強引さに感服しています。娘は給料が安いので痛いと言ってましたがうまく切り抜けられなかった方が負け、ということでしょうがありません。ところで仕事熱心と言えば違法駐車を取り締まる人達にも感心します。いつも同じ場所なのでやられる方もやられる方ですが常盤平のけやき通りは稼ぎ処ろなのでしょうか制服を着たオジさん達の姿をよく見かけます。ご用心、ご用心。

7月25日 営業担当者の雑記

庭のそこここ、街路樹のサルスベリが花を付けています。私の守備範囲で一番この木が多いのは二十世紀ガ丘の街路樹ですがここはまだほんの少しだけ。サルスベリは樹高が1m位の小さな木でも花を付けます。色も白、紫、赤、エンジなどどれも夏の空に映えるものばかりです。鎌倉極楽寺のサルスベリは樹高4m位あるでしょか、大きく枝を張り緑の中に見事な花が顔をだします。少し離れてみるのが丁度良くあんなに大きなサルスベリは知りません。漢字で「百日紅」と書くように見ごろが長く夏の花の代表選手ではないでしょうか。色と言い姿と言い夏の暑さに向かい疲れ知らずの青年のようでもあり葉を茂らせ木陰を作るのは頼りになる叔父さんのような気もします。「百日紅ごこごく水を呑むばかり:波郷」「百日紅涼しき木かげつくりけり:淡路女」人に依ってまるで印象が異なる句があります。この暑さどこまで続くのか底なしですがサルスベリに元気を貰いましょう。