6月27日 営業担当者の雑記

今日の日経夕刊の私のリーダー論に「日揮」の社長が出ていました。といっても私は「日揮」という会社も知らないしましてやその社長「石塚忠」も全く知りません。なんでも一度副社長までなり悠々自適の生活を始めたのに会社が19年ぶりと言う最終赤字に転落したので三顧の礼を持って迎えられたのだとか。世の中に偉い社長もそうでない社長も沢山いるのでざっと読んでいたのですが就任後に社長の運営方針を作ってほしいと頼まれたが毎年の其れを見ると美辞麗句を並べただけですぐ忘れ去られるほど形骸化されていた。大事なのは有言実行でやる項目を簡潔に書くことだと主張し紙1枚。そして言ったことは必ずやるし、やらせる。各事業部にも1枚にさせた。というところで気に入りました。さすが現場からの叩き上げでリスクを見抜く嗅覚を見につけてきたとおっしゃる氏。今年3月期には最終黒字に転換させたとのこと。やはり本物は強いとつくづく思いました。

 

6月27日 営業担当者の雑記

毎日車に乗っているといろんな事に出会います。昨日・今日と立て続けに危ない光景を見ました。昨日は2車線づつの交差点でのこと、青信号で右折し始めた小型車に右から勢いよく自転車が飛び出してきてその車と接触しました。自転車に乗っていた60台の男性は交差点の真ん中で自転車を止め接触した車の方を見ています。車の運転手はすぐ車を脇に止め自転車の方に駆け寄って行きました。事故は大したことはなかったのでその場を離れたのですがこの自転車に乗っていた人には呆れます。信号無視で突っ込んで来ておきながらまるで接触した車が悪いかのように睨みつけていました。こんな自転車と事故を起こすと多分保険にも入っていないだろうし全く悪くないのに点数を引かれるかも。本当に災難です。今日のは踏切でチンチン鳴りだしたのに平然と中に入って行きむこうの遮断機が下りてしまい往生していた70代後半位の女性。何をそんなに急いでいるのだか。

6月26日 営業担当者の雑記

1968年6月26日小笠原諸島が米軍から返還されました。今から50年ほど前。この島は一度も大陸と繋がったことがないので固有種が豊富で東洋のガラパゴスと呼ばれているそうです。私は一度も行ったことがないのですが数日前この島の習慣を読みハッとしました。それは島に滞在した人たちが帰る時のことです。週一往復する小笠原丸に乗り船が岸壁を離れると漁船数隻が後を追い海に飛び込むというのです。実は若い頃石垣島、竹富島などに時々行っていたのですがそこでも同じような光景が見られました。当時ヒッピーと称される人たちが小笠原から沖縄の八重山諸島に沢山流れ込んでいましたのでもしや小笠原の習慣を持ち込んだのではないかと思ったのです。船で追いかけてきて海に飛び込み「また帰ってこいよ」と叫ぶこのスタイルはとても感激します。きれいな海とこの別れは今でも鮮明に心に残っています。

6月25日 営業担当者の雑記

今日は非常に暑かった。そんな中での力仕事で汗びっしょりになりました。いろんな人たちの応援を貰いながら、20cm四方位の箱を1000ケース保管場所からトラックに積み込む作業です。最初はマイペースでと思っていたのですが人数が増えてくると流れ作業になり休めなくなりました。自分の為に集まって頂いた人達なので勝手なこともできず結局必死で作業することになりました。それでも数時間かかだろうなと思っていたのがほぼ1時間で終わりました。作業用のシャツを着ていましたがこれがびしょびしょになり、腰痛持ちなので出来るだけ不自然な態勢は取らないようにしながらの作業でしたが何とか今のところ無事です。明日また荷物運びがありますので今日はしっかりケアをして明日に備えたいと思います。応援頂いた皆様ありがとうございました。

6月22日 営業担当者の雑記

先日夕刊にあるサプリメントの広告に64歳とかいう女性がぴちっとした服を着て悠然と立ってった姿がありました。とてもそんな年には見えません。足は細くお尻は張り腰はくびれています。顔は細かいところまでは見えませんが多分シワなどなかったように見えました。それを我が妻がいつも座っているテーブルの上に置いておきました。最初は無視したのか気が付かなかったのか無反応だったので、「随分若いよね」と声を掛けました。すると「ほんとにね、でもこの人達お手入れにお金を沢山使っているのよね」と返ってきました。あたかもお金を使うと誰でも60歳が40歳台に見えるとでもいうような口ぶりです。それ以上話を発展させると物が飛んできそうなので止めましたが罪作りな広告があったものです。だれでも「こうはならないよね」とわかっていても「もしかしたら私だって」という心理をついたいやらしい広告です。