5月31日 営業担当者の雑記

昨日の新聞だったか、おもしろい広告がありました。「エクセルお知らないだと?!!」と蛭子能収さんが描いた上司らしき人が血相を変えて怒っています。そして人事担当の皆様「スマホはバッチリ。パソコンはさっぱり。」そんな新入社員のスキルアップに、いますぐ対策を。とある会社の宣伝なんですが私が注目したのはその宣伝文句ではなく「エクセルを知らないだと?!!」というところです。だれが作ったのか知りませんがこのEXCELは大変な傑作です。ワード機能から、計算式、表などなど会社で使う書類はまずこれをしっていれば概ね大丈夫でしょう。というより機能が凄過ぎて私は搭載されている計算式の1割も使っていないと思います。表を作っていて面倒くさいなとか同じことを何回もするのはいやだなとかいうときまずEXCELの機能を探ると大体あります。私などは「エクセルを知らないのか!」といわれると「はい少々」としか言えません。

5月30日 営業担当者の雑記

昨日アメリカンフットボールの関東学生連盟が日大への処分を発表しました。日大監督、コーチが「相手に怪我をあせる反則を指示した」との認定で「除名:永久追放」加害選手、チームは今季出場停止、但し一定の条件を満たせば処分解除もありという内容でした。監督、コーチと加害選手の話に相当の齟齬が見られたのですが客観的な資料を精査した結果監督コーチが嘘をついているという認定を下しました。今回の事件は学生スポーツの世界に未だに巣くっている非科学的、親分子分的で対話のない一方的な上意下達のヤクザ的(組織に入ったことはないので想像ですが)そして多分この考え方は一方で日本的だと肯定する人もいるのであろう考え方です。戦前の話を持ち出すまでもなく今でも会社を始めかなりの組織の中に潜んでいるであろう考え方だと思います。これをきっかけに今一度自分達の周りを見直してみるのも一考です。

 

5月29日 営業担当者の雑記

会社の傍を国分川と言う小川が流れています。時々紹介していますが川幅は10m位あるのでしょうか但し水が流れているのは中程のほんの一部です。この川は確か治水事業で整備された川だったと記憶していますが大体何時も草ぼうぼうです。それも1m以上はあるもので鳥たちの格好の遊び場でアマチュアカメラマン達がいつも何かを狙っています。そして川岸には何かしら季節の花が植わっており春は桜が小さいながら結構な数あります。今日通ったら黄色い菊状の花(コスモス?のように見えるのですが)が沢山咲いておりその間にポツンポツンとピンクの立ち葵が咲いています。いかにも夏らしい立ち葵はこの時期の好きな花です。あまり整備されていない草一杯の川はそれなりに楽しめます。

5月28日 営業担当者の雑記

大相撲夏場所は横綱鶴竜が優勝しました。2場所連続優勝ということで「おれもいるぞ」とアピール出来ました。しかし何と言っても今場所の話題は栃の心でした。千秋楽も勝ち13勝2敗。大関昇進が本決まりのようです。勝負事は本当にチャンスを活かすか活かさないかここ一番が大事なんですね。栃の心は今場所頑張れば昇進の可能性があったので場所前から相当のプレッシャーがあったのでしょうが初日から十分にその力を発揮しとうとう最後までやり抜きました。何度も何度も挑戦しそのたびに挫折した力士も大勢いる中一発でパス。その精神力は凄い。大関になると会場まで車を使えるとの事ですが「両国国技館から部屋までは近いので歩いて通います。問題ないでしょう」との言やよし。急に威厳を付けたがったり、格好つける力士もいましたがここでも平常心ですね。

5月25日 営業担当者の雑記

今日は米原万里さんの命日なんですね。それも13回忌。といっても知らない人は知らないのですが私の大好きな作家の一人です。ロシアがまだソビエトだった頃その衛星国であったチェコの首都プラハに9歳から14歳まで生活した人です。その時の様々なエピソードを纏めた「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」あるいは彼女の独壇場である下ネタ満載の「不実な美女か貞淑な醜女か」さらに最後の執筆となった「必笑小咄のテクニック」などなど一時期彼女の本はすべて読むという勢いで読んでいました。ロシア語の同時通訳としても活躍しており仲間の田丸久美子との楽屋話は抱腹絶倒、悶絶してました。彼女の作品はその生い立ちからなのかかなり日本人離れをしており人間の本質がいとも簡単にあけすけに平易な言葉で書かれています。私は読み終わった本は取っておかないのですがその例外の作家の一人で時々引っ張り出してはニヤニヤ、フムフムと読んでいます。