4月27日 営業担当者の雑記

明日からゴールデンウイークということで5月1・2日を休めば9連休だと喜んでいる方もおありのようです。当社はカレンダー通りなので29・30日と飛んで5月3日~6日までの休みです。といってもこれは事務所で働いている人だけで新聞販売店の方は別です。本当に雨の日も風の日も雪が降っても連休でも「そんなの関係ない」とお仕事ですね。世の中そんな職種は新聞配達だけではないかもしれませんが大変な仕事の一つだと思います。まあ連休中行楽地は手ぐすね引いて客引きに張りきっているのでしょうがどこもかしこも人人人でまず目的地に着くまでの高速道路がもう大変ですよね。あまり遠出はしないつもりで近場でのんびりできるところがあればと思っています。あるいは日頃行けてない美術館、映画あたりは狙い目かも。連休の皆さまどうぞご無理をなさらないでお楽しみください。

4月26日 営業担当者の雑記

今日は久しぶりに嬉しい事がありました。4月に大量の注文を頂いたお客様から追加注文があったのです。この御客様とはチラシ作成時少々内容が過激だったので修正するようにお勧めしたり店を中心にしてどの方向に配布すればいいのかなどご相談をしながら申込書を作りました。配布後反応はどうだったのか聞いてみると結構良かったとのこと。前回の配布区域を地図に色付けし「少し掛けている区域がありそうですね」と話を持ちかけていたのですが今日その返事が来た次第です。早速前回分と今回分を色分けして感謝の意を伝えました。このところ以前からのお客様が他所に行ったり定期的にご注文を頂いていたクライアントがポスティングを止めたり競合に「浮気(と信じているのですが)したり」と思わしくない事が多かったので久しぶりに嬉しくなりました。今年に入って商売の方は厳しい日々、月が続いていますので一幅の清涼剤と言った感じです。

4月25日 営業担当者の雑記

昨日、元広島カープの衣笠祥雄さんが亡くなりました。その背番号からかあるいはその頑健さぶりからか「鉄人」と呼ばれ数々の記録を持つ中2215試合連続出場という不世出の記録を作った選手です。彼が現役時代は私もプロ野球が好きで江川事件が起こるまでジャイアンツファンでした。1975年赤ヘル軍団と呼ばれた広島カープが球団初の優勝しましたがその時の立役者で山本浩二と二枚看板。衣笠の凄い所はもう何度も昨日今日伝えられていますがやはり彼らしいのはあの「江夏の21球」の時、江夏に伝えた言葉ですね。当時押さえの切り札として絶対の自信を持っていた江夏が絶体絶命のピンチを迎えた時当時の古葉監督がブルペンで救援投手に練習をさせたのですね。「ワシを信用出来んのか、こんなチーム止めたる!」と憤る江夏に「お前が止める時はおれも一緒だ」といったとか。人間土壇場でその本性が出ると言いますがまさに衣笠さんらしいエピソードです。

4月24日 営業担当者の雑記

このところ官僚の「セクハラ」が話題になっています。現場を録音したとされる音源を聞くと女性にとって決して愉快なものでない事は一目瞭然です。ただこの問題良く考えると非常に根が深いのだと思います。会社内の飲み会などでも女性がお酌をしたり料理番をするのは結構普通に行われおりお酒が入ると女性がいる前でもかなり卑猥な話が飛び交うようです。昔営業職の女性社員が得意先で誘われたり不愉快な目にあい泣いて帰ってきたこともあります。多分今社会で活躍されている女性もそれらの被害に遭いながら現在の地位を得ているのだと思います。以前会合にコンパニオンを呼んだ時いくら料金を払っているとはいえ男の私も赤面する内容の話で男性陣は盛り上がりびっくりしたことがあります。私は酒は飲みませんがかなりの「スケベ」です。それでも時と場所を弁えているつもりです。社会的信用がある官僚のトップが強弁しているのは少々見るに堪えません。

4月23日 営業担当者の雑記

日経夕刊の「あすへの話題」というコラムにカルビー会長兼CEOの松本晃氏が「2代目、会社をつぶすな」と題した文を書いています。この方の履歴は相当迫力があり並みの経営者とは一味違うので興味があります。今回は事業を起こした所謂創業者と2代目、三代目の話です。創業して成功した人にはいくつかの共通点がある。まずは苦労の連続、事業だけでなく金策まで全部一人でやらないといけないので結果的に何でも知っている。さらに仕事が好きで好きでたまらなく仕事以外のことをやる暇がないし興味もわかない。ところが2代目三代目になると成長する企業と衰退する企業に分かれる。後者は仕事の優先度が低くなり酒、夜の遊び、ギャンブル、ゴルフ、財界活動などにのめり込み段々業績に陰りが出始めそして会社は地上から失せると書きます。自分で創るのとそれを継承していくのとでは多分必要な能力が違うのでしょうが「ひらひら」の私にも面白い内容です。