2月28日 営業担当者の雑記

2月は今日で終わり。今月の営業成績芳しくなし。毎週毎週何も保障されていない「0」からのスタートなので結構どのくらいオーダーがあるのか気を揉むのだが少ない時は「次」と気分を変えています。このところかなり気温が高く梅も一気に開いてきました。ここ松戸でも車で走っていると梅の実用の林、庭の木、税金対策なのか纏まって植わっている木々といろんな所に梅があります。大体白梅が多いのですがちらほらピンクも混じっています。先日小田原フラワーパークに行ったのですが案内版に200種類の梅と書いてありました。梅にそんなに沢山の種類があるとは思えませんが地方の名、人の名前っぽいもの、しゃれた名前、古い呼び方の国の名前などが付き由来が書いてありました。中に全体的に緑に見えるのがありました。緑萼(がく)梅というようですが白、紅に混じると不思議な色です。枝垂れ梅が水辺に掛かっているのなどは風情があり好きな景色です。

2月27日 営業担当者の雑記

今朝の新聞に「大学生5割超読書時間ゼロ」と書いていました。全国大学生協連に依る「第53回学生生活実態調査」の内容からで一日の読書時間が「ゼロ」と答えた大学生が53%で調査に読書時間の項目が入った2004年以降初めてだとか。これについて私は全く偉そうなことはいえません。通勤時のカバンには必ず本が入っており確かに5~10分活字を追うのですがそれは睡眠導入剤の役割になっています。それでも行き帰りの5分が一ヶ月では一冊にはなるのですが。更に私の大学生時代と言うともういけません。表向き本を読んでいるまして教科書以外の硬派、例えば哲学書あるいは軟派の文学書などは毛嫌いされても尊敬される事はまずなかったのですから。本を読んでも女の子にはまずモテません。それより洒落た店だとかカッコいい服装の方が手っ取り早いのですが貧乏学生だった私はそれもも出来ず。今思うと何をしていたのか??

2月26日 営業担当者の雑記

甚だ私事ですが昨日交通事故を起こしました。車同士のもので私は身体に異常はなく相手方も今のところ無事なようです。車同士の事故は記憶にない位昔にし多分これが50年近くの運転歴の中で2回目だと思います。前回は40年近く前で相手は飲酒運転ということで私は被害者。これから代理店同士の話し合いになりますがどうも私の方が分が悪そうです。特に急いでいたという事もなく目が急に悪くなったという事もなく、本当に魔がさしたというしかない事故でした。去年買ったばかりの新車で年間1万キロ近く走り無事故だったのに女房が先ごろ接触事故で車に傷を入れたのに続き2回目。昨日も確定申告に行く途中でかなり大きな物損事故に遭遇したばかりで気を付けなきゃねと女房と話していた矢先のことでした。修理が始まるまでの2週間傷ついた車に乗ることになりますがこれを機会にさらに安全運転に徹しようと思っています。

2月22日 営業担当者の雑記

平昌冬季五輪女子パシュートで日本が金メダル。辞書では「追撃」とありますが3人の選手がリンクの反対方向からスタートし先頭が入れ替わりながら一糸乱れぬ前傾姿勢で滑る競技ですね。帰りが遅くなり準決勝は見られませんでしたが無事通過と聞き決勝を待ちました。相手はオランダ。日本選手と比べ見るからに大きな選手ばかり。且個々の力はオランダの方が上だと解説者。スタートした時は日本がほんの少し早かったがまもなくオランダが先行。この競技テレビだと上下にスタートラインが見えるので優劣は一目瞭然。いよいよ後半戦。アナウンサーも解説者も絶叫気味。最後の二週で日本優勢のままゴールに突入。テレビ画面の上で日本がゴールラインを通過してまもなくオランダが下にゴール。解説者が何度も「何か言わなければいけないのに済みません」と叫び私も久しぶりに興奮しました。ほとんど選手名も知らなかった競技にこんなに夢中になるんですね。

2月21日 営業担当者の雑記

金子兜太氏死去99歳。俳句のいわゆる爺臭い枯れた趣味といった印象を覆した偉大な俳人だと思います。彼の著作「俳句入門」の冒頭、季語にこだわらないというという章で「古池や蛙飛びこむ水の音:芭蕉」と「古池や芭蕉飛こむ水の音:仙厓和尚」を並列し季語のあるなしにかかわらずに読めば、もじりの面白さが率直に受け取れます。芭蕉には面白みがあり仙厓和尚にはカラッツとした禅味があります。と書きます。多分学校ではこういった教えはまずないでしょう。私の好きな句「谷に鯉もみ合う夜の歓喜か」といった少しくすぐったいもの、「大頭の黒蟻西行の野糞」といった自由な表現「廃墟という空き地出ればみな和らぐ」といった哲学的なものまで古典に裏打ちされた博識、形式にとらわれない自由さと素直な感覚は群を抜いており何より「俳句」を人一倍愛した俳人だったと思います。また一人偉大な人を失ってしまった。