12月27日 営業担当者の雑記

年の瀬も押し詰まって妻と長男が同じ日に入院してしまいました。妻は突発的なものですが長男は少々異変を感じながら忙しいので無理してしまった様です。本人はストレス耐性は強いのに年の所為かななどといっています。普段便りのないのは言い便りとばかり滅多に連絡をとっていませんのでちょうどいい機会かなとメールしています。正月明けくらいまでのようなのでゆっくりと養生すればいいなと思っています。妻のはどうも年の所為ではなさそうなのでもう少し様子をみながら対応しましょうという医者に従っています。久しぶりの一人暮らしですがなんだかんだと用があり「孤独を楽しむ」までにはなっていません。

12月25日 営業担当者の雑記

12月25日クリスマス。といってもクリスチャンでもない私は月初に買ったシュトーレンの最後の一片を食べイブに食事に出かけるだけなのですが。昨日たまたま大型スーパーに行ったらケーキ屋さんの前は大行列。やはりクリスマスとケーキは蜜月のようで。昨今は色んな種類が出回っていますが以前は必ずスポンジケーキにクリームを塗りその上にサンタなどのデコーレーションをしたものでした。何処の家もこれがないと始まらないクリスマスで翌朝枕元にあるギフトが楽しみでした。今は欲しいものを予め聞いておき本人に直接「クリスマスプレゼント」といって渡すのが普通なのかも。楽しい行事なのだから結構なのですがそれにしても4,5十年掛けたのでしょうかこの祝日は完全に私たちに定着しました。まったく宗教とは関係なく。商売人にしてやられた感はありますが美味しいものが食べられればそれも良しかな。あと1週間で正月ですね。

12月22日 営業担当者の雑記

来年の商談が始まっているので今日も車に乗っていましたが昼前頃に小学生の一団に出会いました。多分今日は終業式なのでしょう。始業式が何時からだかは知りませんが2週間くらいの冬休みはあるのでしょうか。私はというとあまりにも遠いことなのではきりとした記憶はありませんがきっとうきうきしながら帰途についたと思います。クリスマスは当時まださほど盛んではありませんでしたがお正月のお年玉を待っていました。必ず母親の実家に皆が集まり広間に二つ三つのテーブルを出し宴会が始まりました。酒の弱い父親が酔って大きな声で軍歌を歌っていましたが何しろお年玉目当てで嬉しかったことを覚えています。同年代の子がいましたので必ずお年玉は母親経由でだいぶ減って戻ってきました。今家を出ている子供達は仕事の都合で正月に帰ってくることはほとんどありませんので落ち着いてから集まり「旬の魚」を食べに行くことにしています。

12月21日 営業担当者の雑記

この場では政治や宗教の話はしないと決めていたのだが先日沖縄の米軍普天間基地傍にある小学校の運動場にヘリコプターの部品が落下し危うく児童が被害にあうところだったというニュースがありましたが、それを抗議している小学校に「金をもらっているくせに」とか「基地の傍に学校を作る方が悪い」といった電話が数十本掛かってきたと昨晩報じていました。あきれ果てました。そもそも匿名電話ということなので無視すればいいことなのかもしれませんがこの話は放っておけません。歴史的な背景を全く知らずさらに何にも悪いことをしていないひょっとしたら命に関る事件が米軍に依って起こされた人、学校に対してなんという理不尽な。嘗て自分達が住んでいたところに戦後基地が出来た為やむを得ずその周辺に小学校を作ったことも知らず、お金の為というなら補償金をもらいその人の居住区に基地を呼んで頂ければ基地問題は一挙に解決するのに。

12月20日 営業担当者の雑記

今私の仕事場周辺に植木屋さんが入っています。ここは旧社屋で駐車場との境にカイズカイブキが何本も植わっておりまた一部トキワマンサクやキンポウジュもあります。カイズカイブキは7,8m位はありそうですがここの職人さんはクレーン車を持ち込みその上でバリカンではなく大きなはさみを使い手作業で剪定しています。カイズカイブキは自然のままだとネジネジに伸びゴッホの糸杉の様になるのですがこれを蔵王の樹氷のように五つ六つ繋がったお団子状にカットしています。普段傍を通っても香りはしませんがこれだけ沢山の葉ですととてもいいにおいがします。爽やかで私は好きな香りです。近所の屋敷森はさざんかの生垣ですし大きなマンションには流行りのレッドロビンが植わっています。大きな敷地がない自分の家は味気ない金網ですので角にローズマリーや雪柳を植え花と香りを楽しんでいます。植物ももうすっかり冬仕度なのですね。