9月29日 営業担当者の雑記

先日久しぶりに葛西臨界水族園に行ってきました。子供達が小さい頃以来ですからもう随分なご無沙汰です。2,3年前でしたか同園の「売り」回遊マグロが原因不明のまま次々に死んでいき最後は一匹になってしまったまではニュースで聞いていましたがそれ以降どうなったのか知りませんでした。今回行ってみると以前のように元気なマグロ達が泳ぎ回っており丁度餌をやる時間に遭遇したのですがそれは見事なものでした。下に落ちてしまう前に黒光りしている大きなマグロがヒューっと口に吸いこみます。次から次に餌場に集まってきてそれぞれが争うでもなく餌をさらっていきます。小さなマグロは鰭を必死で振りながら餌に食いつきます。因みに下に落ちてしまった餌は食べないそうです。マグロ死滅の原因はいくつかの要素が重なったもののようですが年齢のバランスをとることも大事なことのようで1歳、2歳、3歳と大きさの違うものが一緒に泳いでいました。

9月27日 営業担当者の雑記

日経夕刊に梯久美子さんが「あすへの話題」で永六輔さんの思い出を書いていました。彼女が駆け出しのフリーライターだったころ永さんに一度だけインタビューしたときのこと。今まで多くの質問相手が彼女ではなく同行した編集者に向かって話したのに彼は受け取った名刺を見て「珍しい姓だね。どこの出身?」と話しかけ質問にはすべて彼女の目を見て答えてくれた。数日後永さんから絵葉書が届き「よい記事を書いて下さいね」とあった。それを編集者に話すと「きっとみんなに出しているんだよ」といわれた。先程見ていた再放送で永さんが藍染の作務衣を着ているのを見て、インタビューした時も藍染めの上着を着ていた彼はたまたま紺色のシャツを着ていた彼女に「梯さんのそれも藍染」と聞いてくれたのを思い出した。たったそれだけのことだがあの声のあたたかさを忘れない。と結んでいる。永六輔をこれほど短い文章で表現できるのかと感心しました。亡くなってもう1年が過ぎました。

9月26日 営業担当者の雑記

先日俳人の黒田杏子さんが日経に「寂聴さんとの歳月」と題し一文を寄せていました。彼女に寂聴さんが95歳の誕生日に発行した一冊の句集「ひとり」が送られてきたというところから二人の交友が綴られています。私は寂聴さんが俳句を詠んでいることはまったく知りませんでしたが若いころからそして得度してからも彼女の本を時々読んでいました。物事に囚われない破天荒な生き方に共感しつつも幼子を置いて家を出たことについていわく言い難い違和感がありました。仏の道に入ったきっかけはよく知りませんが自分が腹を痛めて産んだ子を捨てて来たことを今どう思っているのだろうかと興味がありました。黒田さんが「ひとり」のなかから選んだ5句の中に「子を捨てしわれに母の日喪のごとく」というのがありました。寂聴さんやはりずっと罪の意識に苛まれていたんだなと今までの違和感がなんだか氷解した気持ちになりました。

9月25日 営業担当者の雑記

昨日東京駅そばのブリジストン美術館にムーア展を見に行きました。ここは八重洲中央口から歩いて数分で直に目指す場所に着きましたがあるべきところは工事中です。近寄ってみれば2015年から閉館しており2019年の秋再会予定と書いています。そういえば最後の展覧会にこの美術館のお宝青木繁の「海の幸」「わだつみのいろこの宮」などを見た記憶があります。念のためスマホで調べたのですがそれらしき展覧会はどこにもありません。どうして今「ムーア展」がブリジストン美術館で開催されていると思ったのでしょうか。ひたすら思い出そうとするのですがまったく分かりません。折角なので出光美術館に「江戸の琳派芸術」を見にいったのですがどうしても「ムーア展」の謎が分かりません。家に帰りよく調べてみると何と2010年のパンフレットにこの案内がありました。7年前のパンフレットを見て二人とも何も思わず出かけたのですね。はてさて。

9月22日 営業担当者の雑記

今朝家を出る時奥方に「午前中はいい天気だけど午後は急に雨が降るらしいわよ」といわれ大きな傘を持って出ました。電車の中では同じように傘を持っている人も少しいました。会社までの道中は真っ青な空で「雨が降るというのは本当かな」と思いましたが念のため今日は一日中車に傘を於いておきました。すると3時過ぎでしょうか「一転にわかにかき曇り」ではありませんが黒い雲が溢れ雨が降ってきました。車の中から見ていると後ろ前に子供を乗せた電動自転車のお母さんがびしょぬれになりながら必死でペダルを踏んでいます。あるいは紺色の制服を着た女子高生がスカートをたくしあげ猛烈な勢いで自転車をこいでます。びしょぬれの赤ちゃんかわいそうだな、びっしょりの女子高生ちゃんと家まで帰れるのなどどうにもならない心配をしながら見ていました。予報では午後から強い雨が降るといっていたのに。