3月30日 営業担当者の雑記

何とも嫌な話です。格安旅行会社が突然経営破たんし既に旅行代金を払っている人さらに今海外に行っている人達もホテルに宿泊出来なかったり飛行機に乗れない等の騒ぎになっています。日が経つにつれこの会社突然何かではなく数年前から債務超過しており今年2月時点でも取引業者への支払いが遅れていたとの事。そんな状況にもかかわらず新聞広告を出し続けさらに新卒まで採用し結果的に内定取り消しをしたとのこと。開いた口がふさがりません。ここまで分かってくるとこれは確信犯ですね。資金繰りが悪いのでこういったことが起こるのが分かった上で客を募集しさらに新卒募集をすることで会社の信用を得ようとしたのか真偽のほどは分かりませんが罪作りな会社です。社長は「このような結果をまねくことは全く考えていなかった」と資金集めを否定しているようですが本当かしら?内定を取り消された学生さんはもうショックどころじゃないですね。本当にどうしてくれるんだよ!ですね。

3月29日 営業担当者の雑記

今朝の新聞に「豊島産廃 最後の船 撤去完了 島民の闘い40年」という記事が出ていました。香川県小豆島の近くにある瀬戸内海に浮かぶ風光明媚な島で起きた産廃事件。もう40年になるのですね。高度成長の時代1978年兵庫県の業者がこの島に産廃を捨て始めたが管轄の香川県はこれを承認しあっという間に金属片、木材などが大量に棄てられ「ごみの島」になってしまった。土には有害物質が流れ込み、野焼き、大型ダンプ走行などで子供達にぜんそく被害まで出始めた。それから住民たちの壮絶なそして息の長い活動が始まり1990年になり漸く警察が不法投棄で業者を摘発。それから香川県が島民と合意した公害調停に基づき産廃・汚染土壌の搬出が始まり昨日最後の運搬船が島を出港したというもの。自分のゴミをよそにもって行く業者さらにへ理屈でそれを擁護した県。あの頃は皆の心がどこかに行っていたのだと思う。一度自然を壊し始めるとそれを元に戻すのにはとんでもないエネルギー、お金がかかる。日本中に「危険だぞ」と警鐘を鳴らした豊島事件に一区切りがついた。

3月28日 営業担当者の雑記

昨日の朝栃木県那須町のスキー場で登山講習中の高校生たちが雪崩に巻き込まれ8人が死亡40人が重軽傷という大惨事がおきました。元々茶臼岳の頂上を目指す「実技講習」だったが前の晩から降雪が続いていたのでラッセル訓練に切り替えてこの事故にあったとのこと。現場は子どもから大人までがスキーを楽しめる平和なゲレンデで雪崩なんて聞いたことがないと近くの宿泊施設で10年ほど働いている従業員も驚いた様子と報じられています。このところの暖かさで積もっていた雪が溶けた上に新雪が降りそれが滑り落ちたようです。関係者の悲しみはいかばかりか。私はこの話を聞いた瞬間「八甲田山死の彷徨」を思い出しました。今回よりは遥かに気象条件が厳しい中とはいえリーダーの判断に依り生と死が分かれた世界山岳史上最大とも言われる被害を出したあの事故です。冬山の怖さを全く知らない者が軽々なことは言えませんが今回はスキー場でのラッセルということで引率の先生も「まさか」という思いがあったのでしょうか。あらためて自然の怖さを感じます。

3月27日 営業担当者の雑記

大相撲春場所は横綱稀勢の里が13勝2敗で優勝しましたが大いに盛り上がりました。12日目まで全勝で来ていた稀勢の里は13日目横綱日馬冨士との一戦で敗れた時激しく左肩を痛め暫く立ちあがれず救急車で病院に搬送され14日目は休場かと思われていたのを強行出場しなすすべもなく横綱鶴竜に敗れ2敗となり1敗の大関照ノ富士に遅れを取った。痛めた肩で優勝するには千秋楽で本割と決定戦の2回照ノ冨士に勝たなければならず解説者も「まずありえないだろうそれより体をこれ以上悪くしてほしくない」といったコメントの中での大一番。本割での逆転勝利さらに決定戦でも土俵際で照ノ冨士を小手投げで土俵に転がしての大逆転優勝。もう館内は騒然。テレビがアップで捉える観客の目にも涙が見える。稀勢の里はそれでもいつもと表情を変えず支度部屋に引き上げた。しかし表彰式では国歌が斉唱されると顔を覆い号泣。その昔貴乃花がひざに大けがをしながらの逆転優勝に表彰式で当時の小泉首相が「感動した」と絶叫したのを思い出しました。

3月23日 営業担当者の雑記

WBCで日本がアメリカに準決勝で負けました。どこの国も自国のリーグ戦が始まる前のオープン戦の時期で主力選手たちが集まるのかコンディションはどうなのかと懐疑的だったのですがトーナメントを勝ち抜くにつれ段々盛り上がってきました。詳しいことは分かっていないのですが投手の球数制限があったりそれ以外にも通常の試合とは違う条件があるようです。大リーグ所属の日本人選手は青木だけがWBCに参加他は国内の主力組が大体参加したようです。なかなか真の意味でのワールドチャンピオンというのは決めにくいのですが今回の試合も一応そういった意味合いがありそうなので日本チームは世界一を逃したということになるのでしょう。オランダとかイタリアとかも参加していたのでびっくりしたのですがWBCは国籍ではなく親の国籍とか出身国とかが参加者用件のようです。帰国組が本リーグでどんな活躍をするのか楽しみです。