11月30日 営業担当者の雑記

今日の日経MJは6000号ということで一面に時代をけん引したあるいはしている経営者の言葉特集をしているがこれが実におもしろいのです。例えばセブン&アイの名誉顧問鈴木氏は「既成のものを土台に発想するからおかしくなる。そんなものを全部ご破算にすればいい」と。そして今は亡きダイエーの中内創始は自らの事を「全知全能」といったとか。片や経営責任者から追われ、片や会社は解体してしまったがどちらもその実績からくる迫力は強烈なものが有りますね。ユニクロの柳井社長は他の日本企業のことを「経営の参考にしたり目標にすることがない」と。ニトリの社長は「どんな一流メーカーの商品でも一般的なカタログに載っているものは扱わない」と。どちらもNO1を目指す経営者の自信に満ちた言葉です。ただ私はこのようなカリスマ経営者の下で仕事をしないでよかったなとつくづく思います。彼らはあまりに個性が強烈過ぎて刺激が強過ぎると感じる人もいるのでしょう。そして多分止めるのだと思いますが。

11月29日 営業担当者の雑記

今日の朝刊に今年生まれた赤ちゃんの名前ランキングが出ていました。女の子では①葵(あおい)②さくら③陽奈(ひな)、男の子は①大翔(ひろと等)②蓮(れん)③悠真(ゆうま)の順になっています。男の子の大翔はここ10年間で7回、女の子の葵は3回一位になっているのだとのこと。リオオリンピックで活躍した選手たちの名前が人気のようですが1位から3位までのなかにその名前が入っているのか私には分かりません。それにしても赤ちゃんの名前に年毎の流行があるというのが面白いですね。自分の名前はどういう謂れがあるのか親に聞いたことがあるのですが、当時野球の名門だった地元の高校が甲子園で活躍した時の選手から名前を頂いたのだと聞いたことがあります。安易な付け方ではありますが結局私は野球はしていませんがその高校に行ったのですから親の願いがかなったと言うところなのでしょうか。私達は子どもの名前はかなり骨を折って考えた記憶があります。

11月28日 営業担当者の雑記

今日11月28日は白洲次郎の命日です。1985年にその波乱の人生を閉じたのですが私は奥様である正子の著書から次郎のことを知りました。彼にまつわる話はほとんど伝承で何が本当なのか分からない所が戦後の混乱の時期に活躍した次郎の面目躍如たるところかもしれません。マッカーサーを怒鳴りつけたとかGHQの役人にもう少し勉強すれば俺みたいな英語が出来るようになるとか、あるいは後年軽井沢ゴルフ倶楽部の理事長として予約なしにアメリカの高官を連れプレーしようとした時の総理大臣に「NO」といいプレーさせなかったとかとにかく逸話の多い人のようです。写真を見ると当時としては身長も高くハンサムで中学卒業後滞在していた英国ではベントレーを乗り回していたとか同じ生地、仕立てのスーツを何着も持っていたとかいった格好よさまた胡散臭い経歴と相まって一時期ブームになったのも頷けます。正子が好き勝手出来たのは彼の度量の大きさなのかもしれません。とにかく面白い人だったようです。

 

11月25日 営業担当者の雑記

今朝も雪は残っています。昨日の朝は傘をさし長靴をもって急ぎ足での通勤だったので周りの景色はあまり見ていなかったのですが一夜明けて今朝はそここの屋根、日陰、畑などにはまだしっかり雪が残っており、ふと気が付けば小さな霜柱もありました。2,3cm位でしょうか土を持ち上げた氷の柱が光っています。霜柱は大概2月の一番冷たい時畑の端のほうで見かけるのですが11月のこの時期とは。「霜柱どの一本も目ざめおり:加藤楸邨」こんなに元気ではありませんで私がちょっと指で持ち上げるとふっと溶けてしまうほどです。なんでも初物をよろこぶ私としてはいいものを見させて頂きました。きっと帰りにはすっかりなくなっているのでしょう。「霜柱あとかたもなし午後となりぬ:藤松遊子」

11月24日 営業担当者の雑記

昨晩から盛んに今朝の冷え込みと降雪を報じていましたが当たりましたね。朝6時に起きた時はまだ雨だったのですがまもなくみぞれから雪に変わり一日中降っていました。報道を信じて長袖のシャツ、セーター、厚手のコート、長靴で家を出たのですが大正解。気温は相当に低く厚着でよかったし湿っぽい雪なので地面は濡れており長靴も役に立ちました。11月の都心での降雪は50数年ぶりだとか。確かにこのところホワイトクリスマスも珍しくなっていましたので大事件です。昼から営業で車に乗ったのですがフロントガラスに分厚く積もっている雪を払い落とし室内を十分暖めてから出発しました。道路には運転できないほどの雪はありませんでしたが家々の屋根、空き地は真っ白になっておりまた時々屋根からドット落ちてくる雪が少々邪魔でしたが何とか無事に帰社しました。夕方には雪もやんだようです。