10月31日 営業担当者の雑記

先日日経朝刊「現代ことば考」という小欄に言語学者の井上史雄氏が西日本、方言の発達と題し記していました。私にはとても面白い内容でした。古語で使い分けていた助動詞が近世以降色んな動詞をつけて、伝わりやすく発達させ、細かい使いわけをしたがその変化・発達の仕方に東西差が生じたというのです。特に西日本では時間に関する表現がきめ細かくなる傾向があり例えば「花が散りよる」と「花が散っとる」は英語の進形と過完了形の違いに似ているとする。私達夫婦はどちらも福岡県出身で上記の表現は日常的に使っていますが関東の人には違和感があるのでしょうね。あるいは別な例「今現実にあっていること」を「ありよる」なども至極普通の用法です。主題とは少しそれた例でおもしろおかしくいわれているのが「取っとと?」「スースーす」などです。前者は「取っているの?」後者は「体が冷えてしまった」という意味です。私達の子供は全くの千葉っこですが友達からどこの出身かと聞かれるそうです。いつの間にか見に付いてしまったのですね。

10月27日 営業担当者の雑記

今朝朝刊を取りに行ったら水仙が十数本芽を出しているのに気が付きました。10月末。いつもこんな時期だったかな少し早い気がするのだが。それにしてもこの花毎年芽は出してくれるのですが花芽がなかなかついてくれません。今年はそれでも少し花を付けたので来年も期待しています。季節が巡ればそれに伴って自然界は移って行きます。毎年毎年。この移り変わりに付いては古来多くの文人が様々な言い方をしています。「年年歳歳花相似」の詩はどうも人間の限られた命、年を取っていくというどうにもならない節理を嘆いたもののようですが和歌にもこんなのがあります。「いのちある木草のあはれ季来れば追はるるごとくつぎて花もつ:大岡博氏」人間は自然界の移ろいに法則を超えた何かを感じ取ります。あるいは芽を付け開く花に自分を重ね合わせます。一木一草に精一杯の命を見ます。そして季節の流れに気が付くことに生きている証を見ることがあります。

10月27日 営業担当者の雑記

昨日東日本大震災で宮城県石巻市立大川小の生徒らが津波に巻きこまれ多大な被害者を出し被害者の父母らが学校側の責任を問うていた裁判で、学校側に注意義務違反があったことを認める判決があった。学校側は津波は予見できなかったと反論していたが判決は裏山に逃げることが出来たのに不適当な避難場所に向けて移動したのは過失があるという内容。市の広報車が高台への避難を呼びかけていたり児童、教員の中にも裏山に逃げようと進言した人もいたが退けられ70人を超す生徒10人の教職員が亡くなり助かったのは4人の生徒と一人の先生だけだった。防災行政無線が大津波警報の発令を伝えてから津波が襲来するまで40分程あったのにその間適切な指示がなされなかったこと。裏山まで走れば1、2分で着き津波から逃れらる高さにまで数分で行けたことなど遺族は悔やんでも悔やみきれないことだろう。切羽詰まった時にどこまで冷静な判断が出来るか難しい所もあるがやはり日頃からの訓練が大事だったと今更ながら感じます。

10月26日 営業担当者の雑記

今日営業で市川行徳の方に行く機会があったので、先日テレビでチョコレートがおいしいと評判だというケーキ屋さんが通り道にあるのを思い出し帰りに覗いてみました。中は4人掛けのテーブルが三つほどと持ち帰りのケーキが収まった陳列棚です。でショーウインドーを見るとチョコレートの上に「見本」と書いてあり、今注文すると11月1日以降お渡しできますと書いています。店員さんに「今日の分はないのですか?」と聞いたところ「先日のテレビ放映以降お客さんが増えちゃって生産が間に合わないのよごめんなさいね」とのこと。ネット社会といえどまだまだテレビの力は健在なのですね。ずっと以前テレビで取り上げられた商品がスーパーで品切れになると言った話がよくありしまいにはどんな商品が出るのか予め情報を取り仕入れを増やしたといったこともあったようですが。結局次いつこちら方面にこられるか分からないので注文は止めましたがなんだか余計に食べたくなりました。

10月25日 営業担当者の雑記

今日の日経夕刊「あすへの話題」に元警察庁長官漆間巌氏がおもしろい文章を載せていました。もう30年くらい前になりますか日本では加藤登紀子さんが歌って大ヒットした「百万本のバラの花」という曲についての話です。この歌は彼がモスクワに駐在していた時に現地で流行っておりロシア人の作詞作曲かと思っていたのだが、去年ラトビアを旅行した際この歌が実はソ連邦の共和国の一つであったラトビア出身の作詞家と作曲家が作った歌だったことを知った。さらに翻訳された歌詞のロマンティックさとは随分違いラトビア語の歌詞の中には「マーラ(聖母)は娘に生を与えたが、幸せはあげ忘れた」即ちロシアなど近隣諸国に支配された歴史を「幸せをあげ忘れた」と表現したソ連からの独立を願う歌であったことが分かったという。明治に沢山紹介された欧米の曲にも同じような話を聞きます。あの「蛍の光」本家英ではメジャーの曲なんだと聞いたことがあります。