6月30日 営業担当者の雑記

今日の朝刊に総務省の2015年国勢調査(抽出速報)が出ていました。それによると初めて全ての都道府県で65歳以上の高齢者の割合が15歳未満の「子ども」の割合を上回ったとのことです。総人口に占める高齢者の割合は26.7%に達し2030年にはそれが3割以上になるとも言われているとか。また就業者全体に占める女性と65歳以上の高齢者の割合が5割を超えたことも書いてあります。特に興味を引く所では男女間の雇用形態の差。男性の雇用者のうち非正規の割合は18%だが女性は54%。さらに非正規の割合は25~29歳では3割程度だが40~44歳では5割を超えるということです。男女雇用均等法が出来制度的には女性が働き易くはなっていますが現実には結婚、育児、介護などハンディーは沢山ある環境下,有能な人たちの社会貢献も出来にくいし経済的にも中々潤っていないということになります。労働者人口が減って行く中具体的な対策は待ったなしの筈なのですが。

 

6月29日 営業担当者の雑記

会社の行き帰りに時々くちなしを見ます。時期が過ぎているので大ぶりの真っ白い花は薄汚れたようになり甘い芳香もすっかり無くなっています。花の最盛期は息苦しいほどの香りと深い緑の葉に浮き上がる白い花はこの時期の女王様といってもいいのではと思います。花は美しく咲いた後どのように枯れていくのかいろいろですね。桜のようにパッっと散るのもあれば色が落ちたまま枝に付いているのもあります。嘗て芭蕉は「猿蓑」の中でこんな付け句を残しています。「さまざまに品変わりたる恋をして(凡兆)浮き世の果ては皆小町なり(芭蕉)何故ぞ粥すするにも涙ぐみ(去来)」いかに若い頃持て囃された絶世の美女でも年老いてしまえばかの小町伝説のように哀れになってしまうものだというのですが、それは少し言い過ぎで本当に品のいい年を取っている人もいますが、若い頃きれいであればある程年老いた時との差が目立ちます。花をそのような言い方をするのは少々的外れかも知れませんがくちなしにはなんとなくそんなことを感じます。

6月28日 営業担当者の雑記

先日子供達を招待して「鱧会」をしました。みんなそれぞれ仕事を持っているので忙しくこんなことでも企画しないと集まってこないのが正直なところです。昨冬の「河豚会」は結構喜ばれましたので今回も期待していますなどとの返信メールににんまり。当日は5種類の鱧が出ました。定番の湯引き、鱧の卵の上に煮こごりを載せ寿司様にしたもの、薄い衣で天ぷらにしアスパラを巻いたもの、かば焼き、内臓を使った鍋で最後は雑炊で〆。子供達はお酒が飲めるのでいろんな話で盛り上がっていましたが「最近年のせいかあまり飲めなくなった」などといいながらガンガン杯を注ぐ長男。リクエストがあったので茶碗蒸しを追加したのですがこれがカニ、河豚の皮と珍しい食材を使っており大受けの中にお開きにしました。翌日のお礼いメールに「個人的には煮こごりがよかった」などとしゃれたコメントがありました。確かにあまり出ないメニューですが定番所を言ってこないのは大人になったのかななどと親ばかになっています。

6月27日 営業担当者の雑記

尾籠な話で恐縮ですが、昨晩食べたものの所為かあるいはネゾウが悪かったのか分かりませんが朝から少々緩気味でして家からの最寄り駅で用をたしました。ここのトイレは和式で私は今ここでの用たしは出来ません。膝が悪いこともありますがすっかり洋式に慣れてしまっているからです。その為もう一つ身障者用の個室がふさがっていると非常に困ったことになったのですが大丈夫でした。先日ある市議会議員さんから実は小学生の子供達も家ではほとんど洋式なのに学校ではまだまだ変わっていず用を足せない子供がいると聞きました。「和式」こそが足腰が強いという日本人の特徴ある体型を形作っている、これを変えるのはけしからんなどという意見もあるようですが、すっかり洋式に慣れてしまった子供達に今さら和式を強要も出来ないでしょう。かつて日本建築は畳、障子、襖、瓦から成り立っていましたが今や畳がある家も少なくなってきました。早く子供達がゆっくり用を足せるようにしてあげたいたいものです。

6月24日 営業担当者の雑記

夕方営業からの帰りがけ国分川近辺で群れをなして飛ぶ鳥を見ました。4,50羽もいるのでしょうか。上から下へ、右から左へ急降下、急上昇、時にその形が崩れることもありますが直にまた何となく大きな三角形のようになります。物知りに依るとどうもこれはリーダー鳥がいるのではなく「同じ速度で」「ぶつからないように」「仲間の方に集まろうとする」ように行動する鳥の習性なのだとか。それにしても一糸乱れぬこの動きは凄いものです。ところでこういった話にまったくトンチンカンな私はこの鳥の名前が全く分かりません。ツバメでもカラスでもトンビでもない事だけはわかるのですが。餌を探しているのかはたまた遊んでいるのか鳥に聞いたことがないので知りませんがはたから見ていると何とも優雅です。忙しかった一日が終わろうとしています。