2月29日 営業担当者の雑記

今日は2月29日。4年に一度の閏年の為平年より1日多いのですね。グーグルのデスクトップ画面もウサギが28日と1日の間に割り込んでいます。私の仕事は週単位なので一日長くても影響はありませんが何とか今月も予定通りに乗り切りました。一般的には昨年対比という数字が営業のメインの指数のようになっていますが、これにはいろんな要素が絡みますので単月単月でのみ見ていると危険です。私は三ヶ月とか六ヶ月といったもう少し長いサイクルで見る必要があると思っており、毎月の実績に一喜一憂せず目標を追いかけることが大事だというのが持論です。そうはいっても会社に雇われている限り数字への評価を無視するわけにはいきません。一番望ましいのは毎月の好成績の結果半年、1年の目標をクリアすることでしょうが中々そう上手くはいきません。見る人の興味の度合いで実績数字へのコメントが違いますので営業たるもの自分をしっかり持ってなくてはいけませんよね。

2月25日 営業担当者の雑記

今朝は久しぶりにほんの少しですが雪が積もる寒い朝でした。先日83歳の男性が77歳の認知症の奥様を殺害したというニュースがありましたが、その男性が23日に亡くなったと報道されていました。奥様を殺したのは実は老老介護に疲れ無理心中を図ったのだが奥様だけが亡くなったこと。さらに留置所では水以外一切食事は口にせず、病院でも食事を取らず点滴をしていたのだという。何とも悲しい事件です。自分のこととして考えてみるとぞっとします。仮に妻が認知症になったとして徘徊したり昼夜の区別がつかなくなった時彼女を人間の尊厳を持って介護することが出来るだろうか。誰が好きこのんで長年連れ添ってきた妻に手を掛けましょうか。もうこれ以上他に方法がないと思ってしまった彼を誰が批難することができるのでしょうか。近所の人たちは助けることは出来なかったのかと自省し役所は相談があれば何とかなったのにとかいいますが彼としては無理心中が成功していればよかったのかもしれません。妻殺害から自ら命を絶つまでの彼の苦しみは想像を絶するものがあります。

2月24日 営業担当者の雑記

昨日会社からの帰宅途中いい景色を見ましたのでご紹介します。会社を出るとまもなく個人所有の梅林があり5,60本の白梅が植わっています。そこは道沿いではありますが1.5m位高いところにあります。6時過ぎくらいでしたでしょうか会社を出てまもなく遠くから梅の香りが漂い始め近づくにつれ段々濃くなってきます。空は薄暮れでまだ少し青さが残ってはいるものの辺りの景色はくっきりとはしていず、少し見上げると垣根の向こうに満開の梅の花が薄墨で描いたように見えます。さらに昨日は満月だったのでまだ上りきらないお月さんがまん丸く木々の間から見えます。お月さんの色も煌煌と照らす黄色ではなく少し白っぽく全体がぼやっとしています。夕暮れの桜のような妖艶さとは違いゆっくり流れる時間と薄ぼんやりとした空間と清らかな香りが混然一体となって一幅の墨絵を見ているような何とも雅な夕暮れでした。春は曙も結構ですが夕暮れも味があるもんだなと思いました。

2月23日 営業担当者の雑記

このところ松戸市内あるいは千葉の自宅近辺の梅便りが続いていますが、昨日の新聞に「流氷やっと接岸」という記事が載っていました。網走地方気象台は22日、オホーツク海の流氷が接岸して船舶が航行できなくなる「流氷接岸初日」を網走市で観測した。これは1959年の観測開始以来接岸が最も遅かった91年2月21日の記録を更新したのだとか。関東では寒くなったり急に暖かくなったりしながら着実に春の息吹を感じるこの頃ですが北海道では流氷接岸ですか。2月に冬型の気圧配置が続かず北風が吹かなかったことで接岸が遅れたようです。それにしても網走では氷に乗っかって海の上を歩ける(多分:行ったことも経験したこともありませんのでいい加減ですが)のでしょうか。内陸で湖が凍りつき下に棲む魚を釣るなどという話は聞きますが海ともなるとちょっと怖いような気もします。朝日、夕日を浴びた氷あるいは晴れた日に光を反射した氷はどんな色に見えるのでしょうか。網走は学生時代にカニ族で行き夕日は見たことがありますが是非流氷も一度見たいものです。

2月22日 営業担当者の雑記

今朝の日経に掲載されていたNTT都市開発の広告がおもしろかった。今は何しろ目立つ奇抜なデザイン、色使い、目に留まるコピーなどが主流だがこれは村上龍に依るエッセイ風の読物です。タイトルが「変わらない価値、変化の趣」で友人のセリエAに移籍したプロサッカー選手の応援の為訪れるペルージャという町の紹介から始まる。その近辺には魅力的な小都市があり特に聖フランチェスコで有名なアッシジには必ず立ち寄るのだがある時修道院までの道の景色が一変しているように見えた。実は道の両側に植わっているオリーブの葉の色が裏と表で微妙に違い季節に依っても印象が違う。まるで同じ景色を違う画家が違う手法で描いたようだ。何世紀も前から不変の風景が季節と風によって趣を変えるそんな体験ははじめてだった。そして本題に入りNTT都市開発が作ったビルは変わらない本質と、時代に対応し考え抜かれたリニューアルの二つがあたかもアッシジの坂道のように見事に融合していると結ぶ。「都市は生きている」シリーズ広告。スマートですよね。