1月29日 営業担当者の雑記

昨日福岡に住んでいる知人から氷爆の便りが届きました。福岡県宇美町にある「難所ガ滝」というところです。知る人ぞ知る場所らしく学生時代からヒマラヤ登山でならしてきたこの彼も先日の寒波襲来のときに出かけてきたとの事。仏頂山(868m)、宝満山(829m)といった山の途中のようです。タクシーも積雪の為途中までしか行けず山の入口までも随分歩いたようです。私は山の装備には全く不案内なのでそのまま書きますが軽アイゼン6本爪を用意して登ったとのこと。段々雪が深くなり稜線付近では50cmくらいあったようです。目的の「難所ガ滝」は少しガスが掛かりいい写真が取れなかったと言っていますが何の何の、私には福岡市近郊のそれも標高4,5百mのところで氷爆が見られるとは夢にも思わず大感激です。実は十数年前袋田の滝で生まれて初めて氷爆を体験して以来数年おきに見に行っており今年もボチボチかなと思っていた矢先にこのニュースです。夫婦とも福岡出身ですがこの「氷爆」のことは全く知らず昨日はこの話で大いに盛り上がりました。

1月28日 営業担当者の雑記

非常に珍しい事件だから新聞始めマスコミが取り上げているのだろうと信じたいニュースがありました。都内に住む3歳の男の子が母親と同居している男性からいじめ殺されたというのです。報道によるとその男は暴力団員で195cm、120kgという大男。それが3歳の子供が「眼付けた」ので1時間半も殴ったり頭をけったりして殺したというのです。どんなに手加減しても相手は3歳の子供。同業者とけんかするのとは訳が違います。暴力団の方と面識はありませんが彼らには刑務所に入ると「箔」がつくというのを聞いたことがあります。しかしいくら常人のうかがい知れない世界とはいえ三歳の子供が「眼を付けたので殺した」ということに「箔」はつかないと思いますが本当に不愉快な事件です。女房は「かわいそうに男を見る目がなかったのだね」と一生懸命子供を育てていたという母親に思いを馳せていました。もし亡くなった子供が怨霊になって殺した男に仕返しができるのなら、そして生まれ変わってもう一度3歳からやり直しができるなら、嗚呼。

1月27日 営業担当者の雑記

現在天皇皇后両陛下がフィリピンを訪問されています。フィリピン国交正常化60周年とのことですが、天皇陛下が第二次大戦時かの地で亡くなった大勢の兵隊さん、市街戦で犠牲になった現地の方々を弔いたいという強いご希望があったとの報道です。私の祖父もフィリピンで戦死しています。ルソン島のバギオというところで亡くなったという報告が戦後無事帰還した彼の部下からあったとのこと。激戦地のこと勿論遺骨などなく骨壷に石が一つ入っていたそうです。後年叔母さんたちがバギオを訪れ父親の霊を供養したと聞きました。実は私もバギオとは縁があり以前前職の研修で1ヶ月ほど滞在しました。祖父の亡くなった場所などは分かりませんので唯同じ地で手を合わせただけだったのですがそれでも祖母は大変喜んでくれました。フィリピンは戦争による犠牲者だけでなく山野もすっかり崩壊してしまったのですが今回のご訪問は大統領はじめ皆様から歓迎を受けているとの事。恩讐を乗り越えてしかし忌まわしい事実は決して忘れずにいたいものです。

1月26日 営業担当者の雑記

今日は漸く少し寒さが和らいできましたがそれにしてもこのところの寒気団の強さは異常ですね。日本列島の南に大きく張り出した寒気団は九州、沖縄など西日本に猛烈な雪を降らせました。中国地方にはスキー場もあるし元々北九州は日本海に面していますので雪はそんなに珍しくはないのですがそれにしても降雪量が多い。また南といえど鹿児島は時々雪の便りも聞いていましたが、奄美の雪は聞いたこともありません。そりゃそうですよね115年ぶりというのですから住民の方も全員初体験。さらにさらにあの沖縄本島にも霰が降ったと言うのです。気象台開設以来の珍事。驚きました。子供達は住んでいる場所で見る初めての雪ということで大喜びなのでしょうが、皆様防寒具、暖房器具などはお持ちなのでしょうか?大昔「南の島に雪が降る」という映画がありました。これは戦地で兵隊さんが慰安の為に催した余興ですが本当の雪が降るとは!お弁当屋さんから野菜の値段が上がるぞと言われました。

1月25日 営業担当者の雑記

昨日で大相撲初場所が終わり大関琴奨菊が14勝1敗で優勝。今場所は下馬評にも上っていなかったようで相撲ファンだけでなく本人もびっくりなのかもしれません。ここまで随分苦労してきたとのこと本当におめでとうございます。彼の所属する佐渡ヶ岳部屋は松戸市松飛台にあり会社からは車で10分くらいのところです。きっと「祝」の幟等が立ち大祝賀モードだろうと覗きに行こうと思っていたのですが忙しくて出来ませんでした。明日は行ってみよう。10年ぶりの日本人力士優勝とのことで関係者の喜びは格別なのでしょう。取組後控室に戻る際同期で13日目に負けた豊ノ島から祝福を受けている姿そして豊ノ島の「小学校以来のライバルなのでうれしい半面先を越されて悔しい」といったコメントは短いながら万感の思いがこもっておりとても心地よかったです。また新婚の奥様がキスで祝福しそれを恥ずかしそうに受けていたのも印象的でした。