12月25日 営業担当者の雑記

クリスマスも終わりお正月まであと1週間。当事務所は28日が仕事納め。新聞屋さんは元旦の配達という大きな仕事がありますが私達は一足先に休みに入ります。最近お餅は自分では搗かないしおせちも出来合いのものを買っているし掃除もまあおざなりで済ましており本当に年末の慌ただしさというのがなくなってきました。年齢もみんな誕生日が来なければ増えませんので御正月が来ても「また一つ年を食いましたね」等というのは死語になりました。虚子は「去年今年貫く棒の如きもの」と詠みましたが一年の区切りというのも随分あいまいになってきました。テレビはもう年末モードに入り特番ばかりですが小さい頃にあったいくつかの「行事」がほとんどなくなった今、年末の実感はありません。家の中のカレンダーを取り換え、窓ガラスを拭き車を洗うといった私の受け持ち仕事を始めるともう少し年末気分になってくるのでしょう。今年一年駄文にお付き合いして頂いた方がいましたらよいお年をお迎え下さいませ。

12月24日 営業担当者の雑記

今日はクリスマスイブ。子供たちが皆成人した今家族そろってのイベントはありません。毎年当日かイブ前に皆で行っていたお食事会も今年は夫婦二人きりで昨日行ってきました。ところで今年家を離れた娘が中学生に成る頃まで毎年フィンランドのサンタ協会から彼女宛にクリスマスカードが届いていました。低学年の時は日本語で少し大きくなると英語で。小さい頃は「サンタさんはどうして私の名前を知っているのかしら」等と言いながらも手紙が来たことを喜んでいましたが大きくなるにつれ黙って受け取っていたように記憶しています。先日妻に本当の所娘はクリスマスカードのことをどう思っていたのだろうかと問うと「知らぬが花よ」と言われました。確かにそうです。何となくあやふやに「そういえば毎年クリスマスカードがフィンランドから来ていたな」位の記憶にとどめておくのが想い出としてはいいのだと思います。娘が結婚して子供が出来たらきっとその子にもフィンランドのサンタ協会からクリスマスカードが届くのでしょう。MERRY CHRISTMAS!

12月22日 営業担当者の雑記

今朝は会社に早く行く必要がありいつもより早起きしたのですが、6時ちょっと前でしょうか新聞を取りに行ったらほとんど明るくなった東の空に一つだけはっきりと見える星がありました。多分明けの明星だと思います。今まで全く気が付きませんでした。結構冷たい空気と白々と明けゆく空。なぜか「長からむ心も知らずくろ髪のみだれて今朝はものをこそ思へ」と何とも色っぽい歌を思いだしました。百人一首で名高い待賢門院堀川の作です。この歌は題詠ではありますがいかにもしっとりとした女性の心を表現していますよね。妹の兵衛と共にいわくつきのそして悲劇の帝祟徳院の母親である待賢門院に仕えたこの時代きっての聡明で歌の上手です。待賢門院のもとには本当に歌が上手な女御が大勢いたようですがなかでもこの姉妹はいい歌を沢山残しています。特に私は西行とこの姉妹の機知にとんだ掛け合いがとても好きです。時代も才能も環境も何もかもが違い過ぎるのを承知で憧れたりしています。前述の歌は三日月あたりが見合うのでしょうが明けの明星もありかも。

12月21日 営業担当者の雑記

昨日いつもの花見川周辺でお散歩をしたのですがここの池は早朝薄氷が張っていました。公園内には水仙もちらほら咲いており天気も良かったのでサイクリスト、ウオーキングの人たちが結構いました。いいペースで歩き川から離れたとあるお宅にアロエの花が咲いているのを見つけました。時期としてはおかしくはないようですが他には見ないのでちょっと驚きました。この花勿論日本原産ではありませんがそれにしても変わった形です。色もオレンジで背が高いので緑の厚い葉と組み合わさるととても派手です。去年伊豆下田に水仙を見に行った時海辺で自生アロエが沢山咲いていたのを思い出しました。寒さの中いかにも南国風の色形のアロエをみるのは少し奇妙な感じではありました。

 

12月18日 営業担当者の雑記

今朝の朝刊に内閣府の検討会が南海トラフ巨大地震で発生する「長周期地震動」で、東京、大阪、名古屋の三大都市圏の超高層ビルがどれくらい横揺れするかを初めて推計した結果を公表したと出ていました。それによると東京23区で最大約3mの揺れが生じ大阪市湾岸部では最大6mに達するとの事。長周期地震動とは1往復するのに約2秒以上かかる周期の長い揺れで遠くまで伝わり東日本大震災では新宿区の超高層ビルが1m以上揺れ、震源から約770kmも離れた大阪府の咲洲庁舎でも約2.7mの揺れを記録した由。都心で大きなビル同士が3mも揺れあったらぶつかる恐れはないのでしょうか。上層階に住んでいる人たちは激しい揺れ、物が飛び交う部屋から逃れる方法は用意されているのでしょうか。我が家ではタンスなどにはつっかい棒をしていますがそれだって天井を突き破ったら役に立ちません。背の高い家具のある部屋には寝るなともいいますが狭い我が家ではそうもいきません。東日本大震災の教訓をまとめて巨大地震対策をきちんと出して欲しいものです。