11月30日 営業担当者の雑記

昨日いつものように近所の花見川周辺を散歩していましたところ二羽の「白鳥」が泳いでいるのを発見しました。カップルなのかそれとも唯の友達なのか出身地はどこなのか芸能記者でない私には分かりませんが数人の人がエサを撒いていましたので少し前からいるのかもしれません。この川には自然堤防が沢山残っており野鳥の宝庫として知る人ぞ知るということは聞いていましたがそれにしても白鳥が飛来してきたとは。白鳥は何をたべているのでしょうか。釣り天狗が沢山出ていますので魚は結構いるとは思うのですがさて白鳥が魚を食べるのかどうかよく知りません。以前関西に住んでいた頃伊丹の昆陽の池に子供達を連れて白鳥を見に行ったことがありますが川にいる白鳥はあまり聞いたことがないように思います。誤って釣り糸が足に絡んだり時々いるバカ物が悪戯をしたりすることなくのんびり避寒地での生活を楽しんで欲しいものです。

11月26日 営業担当者の雑記

クリスマスまでまだ一カ月少々ありますが、先週の日曜日に近所のケーキ屋さんでシュトレンを買ってきました。ここ十年来我が家ではクリスマスシーズン前の定番になっています。ズッシリとした重量感、何とも地味な色のパン生地にいろんなドライフルーツが混じったドイツ発の菓子パン。大概のケーキは賞味期限が短くお持ち帰りまでどのくらいの時間がかかりますかと聞かれますがこのシュトレンはそんなことはありません。さすがに箱の上にはそれらしき包装紙がついていますが結構な大きさのものがどかっと箱に入っているだけです。既に試食は済ませているのですがこれが12月までもつのかがとても心配です。時間が経つ程に生地とフルーツ、バターがハーモニーを奏で一層美味になっていきます。夕食後コーヒーを点てシュトレンの一切れを食べるのがこの時期の至福のひと時です。毎日一切れに留めておくのが至難のお菓子ですがバターたっぷりなこと何とかクリスマスまでの追加がもう一個位で収まるように我慢をしています。

11月25日 営業担当者の雑記

いやー今日は寒くなりましたね。昨晩の予報で朝の気温が一番高くどんどん下がって行くと言う事だったので今日は一年ぶりに薄手のコートを着て出勤しました。終日営業車で走りまわっていましたがヒーターなんかいれたりもしました。調べてみると北海道十勝地方の本別というところではー18.8度で今期最低どころか最も寒い時期を上回る低さだとか。-20度近くとなると液体物は凍らせない為に冷蔵庫に保管するという温度ですよね。関東圏でも東京は軒並み今期最低。千葉も然り。何しろ寒い一日でした。皆様お風邪など召しませぬように。

11月24日 営業担当者の雑記

昨日のテレビで面白いニュースがありました。観光庁の発表によると去年一年間で一番沢山お金を使った外国人観光客はベトナム人で約23万8千円、2番が中国人で23万1千円程だとか。昨今中国人観光客の「爆買い」が話題になっていますが実はベトナムからの観光客の方がお金を落として行ってくれるのですね。このところの経済発展で裕福な人が増えたのでしょうか。使用金額の内訳では「食」が一番多いとのこと。今かの国では和食、和牛ブームが起きており日本に来ても和牛のステーキ、しゃぶしゃぶが人気メニューとの事ですが興味を引いたのはその食べ方です。彼らは日常とても辛い香辛料を入れ何にでもライムを使う料理を好むとか魚の生、肉のレアを食べる習慣がないとのことで刺身は湯に付けたりライムに浸したり肉は血の滴るようなレアを再度しっかり焼き直したり、鍋に香辛料をたっぷり入れて食べるのだとか。どんな食べ方をしても勝手ではありますが日本人には「折角の材料が」などと思ってしまいます。

 

11月20日 営業担当者の雑記

昨日の報道に英オックスフォード大学出版局は今年注目を集めた英語の言葉として「うれし泣きの表情」を示す絵文字を選んだとありました。世界に普及したのが選出理由だとか。絵文字全体のうち、うれし泣きの絵文字は英国で20%を占めるなど最も多く使われた由。私は英語圏の人たちの関心事やメールでどんなやり取りをするのかなど皆目分かりませんので自分のこととして考えてみました。これからあちこちに出現する「今年の十代ニュース」っぽくなりますが一番うれし泣きしたのはラグビーW杯.対南アフリカ戦の終了間際相手のペナルティーに対しキックでの得点だと同点どまりということでスクラムを選択し、見事トライを決め劇的な逆転勝利を掴んだ瞬間です。下馬評では圧倒的に不利だった日本が序盤から対等に戦い優勝候補の一角南アフリカをあわてさせ最後はエディーコーチですら「冗談じゃないキックで同点狙いだろ」といった(多分日本語にするとこうなるのでは?)とか。もう一人で泣いていました。

関連画像Face  with tears of  joy