6月30日 営業担当者の雑記

ギリシャの首相が30日に支払い期限を迎える国際通貨基金(IMF)からの借金約2000億円について期限までに返済できないとの認識を示したと報じられテレビでも大騒動しています。その所為で絶好調だった日本の株式市場も全面安になり尚先行き不透明だとのことです。7月5日に債権団側からの金融支援の条件として求められている財政再建策についての国民投票の結果次第ではIMFが債務不履行(デフォルト)を宣言する可能性もあるとのこと。日本でも地方自治体が破産した例がありそこの住民サービスが著しく低下したことがありましたが国の場合はどうなるのでしょうか。銀行からの引き出しも制限されたようですし国民の暮らしがどうなっていくのか。あの「ギリシャ」のイメージはすっかり落ちてしまいました。2000億円が新国立競技場の建設費用に近いというのは皮肉過ぎか!

6月29日 営業担当者の雑記

サッカー女子W杯準々決勝で「なでしこジャパン」はオーストラリアを1対0で下し2大会連続の準決勝進出決定。今大会は1点差の試合ばかりで得点者も日替わりと見ている方はハラハラどきどきですが、選手たちは「酷暑のなか粘り、体力勝負になれば日本が強いと思っていた」と確信していたとのこと。この調子で最後まで行ってしまうのかなと思わせる地味で泥臭い強さを感じます。ところでこの名前「なでしこ」の花は日本自生のものもありとても強く育てるのにそんなに手間暇かけないでいいようです。やや乾燥を好むので水やりをし過ぎないように気をつければ、直径7,8cm位でしょうか5弁の花びらの縁がギザギザになったちょっと見カーネーションのような可愛らしい花(我が家のはピンク)を毎年咲かせてくれます。何かいかにもいまのサッカーチームにぴったりの名前ですね。

6月26日 営業担当者の雑記

私は毎日車に乗って営業にいきます。数日前左右のサイドミラーに蜘蛛の巣が張っているのを見つけました。車に乗り込む時に何となく糸っぽいものが顔に触るのは感じていたのですがまさか蜘蛛の巣とは。蜘蛛の巣は普段あまり使ってないものとか手入れの悪い場所に張るようなイメージがあり「蜘蛛の巣が張ったような、、、」などとあまりいい比喩には使われませんが、私の場合いくらよれよれとはいえいつも使っている車です。サイドミラーから外天井、窓ガラスにかけてそれは見事な造形です。運転するのに大きな差しさわりがあるわけではないのですが気が付くたびにその巣を取り払っています。しかし敵もさる者翌日になったらまたしっかり張りついています。蜘蛛君そのものは見えませんが彼(彼女)の折角の労作を大人げなく意地になって壊しています。

6月25日 営業担当者の雑記

会社のすぐそばに国分川という小さな川があります。いつもはほとんど水が流れていない川ですが岸をコンクリートで固めていず水草が生え放題で野鳥の格好の巣になっています。丁度一年前のこの時期雨が降る中小学一年の男の子が春木川にかかる橋の欄干から雨で増水した川に転落し3日後下流の国分川高杯橋の下で発見されました。今日この橋を車で通ったのですが発見現場には水と花が供えられていました。橋の入口には薄いピンクのタチアオイが7,8本咲いています。梅雨入りの頃に咲き始め梅雨明けと共に花期が終わることから「ツユアオイ」の別名があるそうですが、この花が咲くころになると亡くなった子供の事が思い出されるのでしょう。忘れようとしてもそうできない親ごころが身にしみます。人の子ながらせめて花の時期だけでも供養してさし上げようと手を合わせて通り過ぎました。

6月24日 営業担当者の雑記

22日米ハリウッドの商工会議所が2016年にハリウッドの殿堂入りをする人物に三船敏郎さんらが選ばれたと発表した。殿堂入りするとハリウッドの目抜き通りに名前入りの星型プレートを埋め込むことが出来るとのことです。このプレートが埋められた歩道「ウォーク・オブ・フェイム」は手形で有名なチャイニーズシアターとともにハリウッド観光には欠かせない場所ですね。それにしても三船敏郎は格好よかったな。ニューフェイスに応募した時「性格に穏健さを欠く」との理由で不合格になったというエピソード。ギラギラした目は決して折れないふてぶてしさ反骨心が滲み出ており強烈な個性を持った俳優として大好きでした。数多い作品の中でも最初の頃の「野良犬」「羅生門」「七人の侍」などは何回も見たし特に「椿三十郎」の最後の決闘シーンで血が噴き出す場面は衝撃的でした。