3月31日 営業担当者の雑記

西行の花狂いは留まるところを知りません。「あくがるる心はさても山桜散りなんのちや身に帰るべき」昨日は吉野山の桜を見ると心がどこかに行ってしまうという歌でしたが、今日のはさらに桜の花が咲けば心が浮かれ出て行ってしまうのはもう止めようがないのだけれど、せめて花が散ってしまったあとは私の体にきちんと帰って欲しいのですがとお願しています。「自分の心」ではあるが体から抜け出してしまった「心」に、花が咲いている時期だけはしょうがないので好きなように楽しんでいても構わないから散ったらとにかく私の体に戻ってきてくれ頼むよとそんな感じなのでしょうか。所謂腑抜け状態なのですね。桜花以外何も考えられない、もう世の中桜の花だけ他には何も見えませんとおっしゃる西行。いいなァ。こんなに夢中になれるものがあってその夢中さ加減をいとも簡単に(そう見える)表現出来るって。

3月30日 営業担当者の雑記

東京はあちこちで桜の便りが聞こえ初めてきました。今週は大好きな西行作の桜に題を取った歌を紹介したいと思います。まずは「吉野山こずゑの花を見し日より心は身にも添わずなりにき」場所は花の名所吉野、といっても平安末期に桜を見に吉野に通うというのは余程の酔狂人。京都にその噂くらいはあったとは思うが何しろ遠隔地。貴族たちは死ぬ思いで熊野詣はしたろうが吉野山に桜を見に行く人はごく稀であったろう。その昔役小角が桜樹に蔵王権現像を彫ったのに由来し神木として大事にされてきた吉野山の桜を見てしまった西行は、それからというものこの時期になると寝ても覚めても桜がチラつき挙句の果て心がどこか遠くに行ってしまい夢遊病者のようになってしまったというのである。さもありなん。一目千本の白山桜が全山に咲き誇った姿を想像するだけで西行ならずとも心は浮かれ狂おしくなります。

3月27日 営業担当者の雑記

ジャーマンウイングスの旅客機墜落事故原因はとんでもないことが起きたのかもしれないようだ。ボイスレコーダーを調べている仏検察当局の発表によると副操縦士が単独で降下装置を操作し、故意に高度を下げて墜落させたとの見方を示したとの報。機長が何らかの理由でコックピットを外したら副操縦士が内側からカギ掛け機長がドアを激しく叩いても更に管制官からの問いかけにも応じず「自らの意思で航空機の高度を失わせた」可能性が高いというもの。テロの可能性は考えにくいとのことなのでまったくの自殺行為になり本当に仏当局の発表が正しければこれは大変なことです。それなりのチェックでは見つけられず親会社の社長も「こうした行動を起こす予兆はなかった」と語っているようで、だとするとこのような可能性がある操縦士は他にもいるかもしれないので飛行機の安全性が一挙に下がってしまいます。

3月26日 営業担当者の雑記

24日フランス南東部の山中に独航空会社ジャーマンウイングスの旅客機9525便が墜落し乗客乗員150名ほどが犠牲になった。報道によるとバルセロナを出発した同機は順調に高度を上げた後8分ほどで1万メールも急降下し標高2000メートル付近の山に激突。機体はバラバラになり散乱しているとのこと。専門家の解説では急降下した理由について色んなケースが述べられているがそれにしても何の訓練も受けていない人たちが1万メートルの急降下に合うとどんな状態になるのだろうか。今回の事故機エアバス「A320」は昨年12月に墜落しまだ機体が発見されていないマレーシアのエアアジアの旅客機と同型とのこと。またどちらもLCC(格安航空会社)の飛行機。料金を安くするために安全性が蔑ろにされていたのでなければいいのだが。いずれにしてもきちんとした原因究明が待たれます。

3月24日 営業担当者の雑記

今日営業中に「アカシア」が満開の家を発見しました。「アカシア」は金色の花が枝いっぱいに付いた何とも贅沢な花なのですがこれはよく「ニセアカシア」と混同します。清岡卓行が書いた「アカシアの大連」に出てくるアカシアはやはり藤に似た白くていい香りがするいかにも北国の花「ニセアカシア:和名ハリエンジュ」でなければ小説になりません。アカシア蜂蜜もこの花から採取されたものです。大連では毎年5月から6月にかけてアカシア祭が開催されるとのことで長い冬が終わり一斉に花開くニセアカシアの芳香に包まれ多くの小説の舞台になった大連の街をいつの日か散策したいものです。どこかで見た映像が残っているのでしょうか実際には行ったことはないこの「大連」という地名は何とも言えない甘くどこかせつないそんな郷愁を感じさせます。