1月30日 営業担当者の雑記

目が覚めるとまどの外は雪。
いつものように通勤電車で白河夜船を決め込んでいたところ、前に立っていた年配の女性の気分が悪いので替わって下さいと言う声に気づき直に席を立ったら窓の外が白いのです。千葉をでた時は雨で,東京は雪かもという予報ではありましたが東京のお隣松戸は雪でした。電車を降りたら改札口から入ってくる人の傘がどれも真っ白でプルプル振るって雪を落としています。会社へは20数分歩くのですが牡丹雪はみるみる中に積もっていきます。滑らないように気を付けながら雪道に足跡を残しながら歩いていくとある庭に植わっているアロエの花が白くなっています。あの何とも派手なオレンジ色の一風変わった形の花に雪が付いている様は何とも奇妙な感じです。会社に着くと玄関先は雪で埋もれていました。そこにどなたかの足跡がうっすらと残っていました。おはようございます。

1月29日 営業担当者の雑記

今朝は数日前の暖かさがウソのように冷え込んでいます。松戸の隣組我孫子では最低気温が-4度、私の住んでいる千葉市では0度で今季最低気温とか。暦上では段々暖かくなるのですが実際にはこの時期から関東でも雪になったりしますよね。去年でしたか酷い雪で日陰では1週間位雪が残っていたように記憶しています。通勤途中駐車している車のボンネット、窓ガラスに3cm位の太い糸状のものがきらきら光っていました。畑では霜柱が立ち土を押し上げていましたのでこれもきっと氷なんだろうと思います。窓ガラスに張り付いた氷はよく見かけますがこんな形のものは今まで気が付きませんでした。そういえば先日蔵王にスキーにいった先輩から樹氷の写真を送ってきましたが、あれも外見は雪が木に降り積もっているように見えますが実は空気中の氷がくっついたものなんですね。景色を楽しめる程度の寒さが救いです。

1月28日 営業担当者の雑記

昨日日本一短い手紙のコンクール「第22回一筆啓上賞」の大賞5編が発表
されました。今年は「花」がテーマで全国3万3千通以上の応募があったとのこと。埼玉県の男性は天国の妻に「おーい、お花を新しくしたぞ。活け方に文句あるなら出てこいや」、兵庫県の女性は卒寿真近の母に「戦地に赴く父へと送った手紙に、金木犀の花粒を忍ばせたとか。お見それしました。」長崎県の女性は二歳になる娘に「来年は、タンポポの綿毛を一人で飛ばせるといいね。ママは酸欠で、もう倒れそうです。」徳島の男性は妻に「黙って咲いてくれこの花のように!」福井県の小学生はお母さんに「病院で一人寝るのさみしいですね。部屋に花があったね。だれかきてくれたんだね。」いずれも短い文章の中に一杯愛情があふれた手紙で胸を打つものばかりです。面と向かっては言えないこともさりげない調子の手紙にすることで気持ちを伝えることができるのがいいですね。

1月27日 営業担当者の雑記

昨日で短い1月の営業が終わりました。
結果は予想していたこととはいえ惨憺たるものでした。今年一年間は、去年思い切って稼がせて頂いた選挙絡みがほとんどなく覚悟はしているのですが、このいい訳を年間通して云うのはみっともないので何とか少しでも歩留まりを増やしたいと思っています。選挙に受かった方々も随分出費がかさんだでしょうから去年と同じように注文を頂くと言う事は無理でしょうが、時に報告といった形での商談もしようと思っていますし何より新たな顧客開拓が最重要課題です。実績が多い時があれば少ない時もあり、ラッキー、アンラッキがあるのも営業の醍醐味と気持ちを切り替えて営業活動をしようと思います。

1月26日 営業担当者の雑記

いやァー横綱白鵬33回目の優勝、とにかく強いですね。相撲界にある記録を次々に塗り替えていくのは凄いの一言。白鵬とて人間なのだからけがをすることも体調が悪いこともあるだろうに。何かというとすぐに相撲道だとかいうことに反発を感じる私も彼のどんなに苦しい時も弱音を吐かず勝っても殊更奢ることもなく只管勝ち続けることにはもう称賛しかないです。勝負の世界で飛びぬけた業績を示す白鵬や現役時代の王さんなどはある種の心境に達しているのでしょうか。自分に厳しく稽古に励み困難に打ち勝っていくそして成し遂げた偉業をいたずらに自慢する訳ではなく、自信に裏付けされた謙虚な姿勢でいる。あの若さで宮本武蔵のように腹がすわっており私のような凡人はただただ感心します。競争相手がいず自分との闘いがこれからも続くのでしょうが体の続く限りかんばって欲しいものです。