12月26日 営業担当者の雑記

大方の公官庁は今日が仕事収め。但し霞が関の中央省庁は衆院選の影響で休みを返上して年明けの仕事に備えるところもあるとか。流通業を中心にこれからが年末商戦の最後の追い込みの企業もありと年末模様は様々。私は明日27日が収め。今年は8月に起きた広島での土砂災害、9月の御嶽山噴火さらに冬に入っての異常な積雪など自然界が少々きつめのお仕置きをした年でした。スポーツ界ではマー君の大リーグでの活躍、ソチ五輪葛西選手のレジェンド、羽生選手の金メダル、真央ちゃんの涙の演技などなど心打たれる場面が沢山ありました。私の仕事は選挙という大きなイベントがあったので結果的にはいい成績になりましたが12月の低迷で何となくみんな飛んだ感じです。個人的には暇をみつけ展覧会、コンサートと結構楽しめたのは良かったかな。「ともかくもあなたまかせの年の暮:一茶」皆様よいお年を!

12月25日 営業担当者の雑記

我が家のクリスマスイブは女房作のチキンと買ってきたケーキで結構盛り上がりました。チキンは初めての作だったようだが皮はしっかり焼けており中はいろんな香辛料で味付けがしてありジューシーで中々でした。またケーキが本当に良かった。ビュッシュ・ド・ノエルなんですが外側のビスキュイ生地の硬さが程良く中にはフランポワーズとカシスのムース。デコレーションのチョコレートもセミビターでしっかりとしており実においしかった。キリストさんごめんなさいですが我が家ではただ美味しいものを食べただけのイブでした。今朝の出勤途中とある事務所の玄関先に水仙が7,8本花を咲かせていました。ごく普通のニホンスイセンなので今時分から咲き始めて少しもおかしくないのですが慌ただしい年の瀬に何かふんわりとした気分になりました。それにしても家の水仙は今年も咲かないのかなア。

12月24日 営業担当者の雑記

MERRY CHRISTMAS
今日はクリスマスイブ。昨日は女房とレストランのクリスマスメニューを食べに行き今晩は定番のチキン料理とクリームで飾られたケーキを食べます。クリスチャンではない私は教会に行くことはありません。まあクリスマスに名を借りたパーティーを楽しんでいるだけなんですが。子供が大きくなるまではサンタさんからのお手紙を必ず貰えるように手配していたのですがさすがにもう止めました。いろんな国のいろんな行事を日本流に取り入れ楽しむのは結構なことです。本当はああなんだとかこうなんだとか講釈はともかくとしてそれぞれの国の料理とかお菓子が食べられるだけで私は満足です。それでもこんな贅沢が出来る幸せは充分に感じておりまして、世界中のクリスマスをお祝い出来ない子供たちの為に、みんなが幸せになれますように心の中で御祈りを捧げるつもりでいます。

12月22日 営業担当者の雑記

今朝通勤電車の中で私の前に座わった年のころ40ちょっと過ぎくらいの女性が何とTシャツ一枚の姿でした。コートは手に持っていましたが電車に乗ってきた時はもうその姿でした。このところの冷え込みに比べ確かに今朝は少し暖かかったとはいえ私はいつものようにコートにマフラー。大方の乗客もいつもと変わりませんでした。びっくりです。確かに外国に行くと皆さんテンデバラバラの服装をしているし中には驚くほど薄着の人もいます。また子供たちの中にも一年中半そで半ズボンで通しているのも見かけますが流石にちょっとびっくりしました。きっと新陳代謝が良く寒さを感じなのでしょうがみている方が寒くなりました。一方でとてもうらやましくもあります。厚着だと動作は緩慢になるし気持ちも縮こまってしまいます。私もこの時期にコートの下はTシャツ一枚で背筋を伸ばし闊歩したいものです。

12月19日 営業担当者の雑記

今朝の新聞で米国とキューバが1961年以来断絶していた国交の正常化に乗り出したと出ています。1959年にカストロに依る社会主義革命が起き国交断絶61年には当時のソ連がキューバ国内にミサイルを配備したことを米国が発見、キューバー行きの船を米国が臨検。1962年10月27日海上封鎖をしていた米国は核爆弾を搭載していたソ連軍潜水艦に爆雷投下。危うく原爆のスイッチが押されるところを潜水艦隊参謀の強い反対に依り思いとどまった。全面核戦争が何とか回避された所謂「黒い土曜日」。何回も映画にもなったこの冷戦時期最大の世界破滅の危機。結局当時のケネディー大統領の要求を受け入れたソ連首相フルシチョフがキューバからミサイルを撤退させた。翌63年11月22日ケネディー大統領、現駐日大使のお父さんが暗殺された。あれから半世紀ようやく歴史的な政策転換が合意された。いろんな見方をする知識人がいますが庶民感覚では素直によかったという印象です。