6月28日 営業担当者の雑記

昨晩の天気予報では今朝の通勤時間帯は台風3号の影響で大荒れだったが予想が外れてよかったですね。私の自宅周辺では朝6時過ぎにはもう雨は降っていなかったので大丈夫だろうとは思いましたが平常時と変わらない天気になりました。西日本一帯では梅雨が遅れ渇水状態だとの報道もありましたがこの雨で少しは収まったのでしょうか。元々雪の多い地方はその雪解け水が、台風がくる地方はその雨が日本の気候を作り自然が回っているのだがその加減は誰にもどうにもならないのでまさに「神頼み」です。古来「五月雨」として歌や句に読まれてきた季節はこの梅雨時のことで台風も含め私たちの生活に根付いておりなくてはならないものです。「降るものにして日和は梅雨のまうけもの:子規」と何ともとぼけた句もありますが梅雨時には当たり前に雨が降りそのどんよりとした空気と合間にのぞく晴れ間を楽しむ余裕を持ちたいものです。

6月27日 営業担当者の雑記

このところ高校野球のピッチャーに100球制限をしようという動きがあるようですが高野連は様子見のようです。私はこの球数制限に大賛成です。プロ野球の名選手の中には自分の腕が折れても体が壊れても投げ切るつもりでいたという方あるいは桑田さんのように野球寿命を伸ばすためには絶対に球数制限は必要だという方もいらっしゃいます。選手の中には甲子園出場は小さい時からの夢なので出場すればもう何もいらない、監督も何しろ勝たせたい、勝ちたいといいまた親御さんの中にも少々の無理は厭わないという方がいらっしゃいます。彼らはあまりに野球=人生と短絡すぎるのではないでしょうか。有能な投手ほど酷使される可能性が高く必然体を壊してしまう確率も高いというのはあまりに残酷な話です。選手層の薄い学校にハンディが出てくるとの意見もありますがまずは選手生命を守るため暑いさなか一人で連投などと破壊的なことは回避すべきだと思います。

6月20日 営業担当者の雑記

昨日小田急線厚木付近の踏切で電車と車がぶつかり終日不通になる事故がありました。原因は踏切の警報を無視して入った車が立ち往生しているのを電車の運転手が気付いたが間に合わなかったとのこと。運転していた若い女性は車外に避難しており無事だったようですが電車を利用している人達は代替手段が大混雑し大変だったようです。昨今年寄りの事故が頻発し免許返上といった話も出ていますが、毎日車に乗っている私は若い人達にも潜在事故可能者は沢山いると思います。例えば新京成常盤平駅東の踏切では幾度も怖い光景を見ます。ここは線路に沿って道があり踏切を渡ってすぐ右折、左折車が結構あるのですが直進の車がそれらを入れてあげないと踏切上あるいは境に立ち往生してしまいます。しかもその状況を見ていながら更に踏切を進んでくる車があります。幸いにして事故は見たことがありませんが一瞬先を読まずに行動するは年齢に関係なく事故の予備軍だと思います。

4月4日 営業担当者の雑記

今日は午前中いっぱいをかけてデータを纏め午後から外に出ました。春のうらら、上着は要らず、いうところの「ド快晴」。「桜通り」「八柱霊園」どちらにもまだしっかり花は残っています。時に寒い日があったので長持ちしているのでしょうか。さて今日は「西行桜⓸」「春ふかみ枝もゆるがで散る花は風のとがにはあらぬなるべし」。満開から少し日が経とうとしているちょうど今くらいの時期なのでしょうか。枝に溢れんばかりの花は何かの拍子でハラハラとこぼれている。風が枝を揺らしているのではなさそうだし「触れなば落ちん状態」になってしまったのだなア。まだ花はしっかり残ってはいるのだが早くも終盤に近付いてきてしまった。誰に文句を言うでもなく自然の摂理なのだろうがそれでもなんだかさみしくなってきたなア。満開の時期に、すでに花の終わりを思いなんともさみしい気持ちが感じられます。この後幾日花を楽しむことができるのだろうか。

8月22日 営業担当者の雑記

夏の甲子園は下馬評通り大阪桐蔭が優勝しました。決勝戦は秋田の金足農業との対戦でこの金足農は多分知る人ぞ知る程度の知名度だったのが一戦一戦勝ち上がるたびに盛り上がり特に150kmを投げる吉田投手はハンサムなこともあり一躍大注目。100年ぶりに秋田県の高校が決勝戦と言う事で地元も大変だったようです。私などは各地から有名選手を集めてきている大阪桐蔭はセミプロなんだから勝って当然。一方地元中学出身のメンバーで固めた金足農は唯一の公立高校だということで判官贔屓。多分甲子園は金足農の応援ばかりだったかも。大阪桐蔭のだれかが「完全アウエー」といっていましたがまさにそうだったのでしょう。しかし考えてみればだれも同じ高校生、力の差は歴然としていても何があるか分からないのが甲子園。圧倒的有利といわれる中プレッシャーもあったでしょうに勝ち続け優勝した大阪桐蔭はやっぱり凄い。