9月12日 営業担当者の雑記

千葉ではまだ台風15号による停電が宛先南総を中心に30万世帯以上あるとのこと。断水、電波障害などもう大変なことだらけです。この暑さの中停電になったら、想像するだけで嫌です。冷房は効かない、冷蔵庫は使えない、料理は出来ない一部地域では携帯もつながらない、考えただけで卒倒しそうです。入院患者、高齢者、体の不自由な方々一体どうこの危機を乗り切るのでしょうか。九月に入っても異常な暑さは続いており大丈夫なのでしょうか。助け合いに頼るしかないのでしょうが一たび生活関連インフラがパニっくったらもうどうにも対処できないのですね。さらに復旧が随分遅れており木更津などでは13日以降になりそうだとのこと。遅れている原因は雷雨での作業中断、倒木による交通事情の悪化とのことだが本当に早く復旧してほしいものです。

9月10日 営業担当者の雑記

台風話第二弾。家の近所の様子は昨日書きましたがテレビ報道で「津田沼駅で構外にまで伸びた人の大行列」「成田空港陸の孤島」「千葉でゴルフ練習場の鉄のポールが倒れ民家を直撃」などなどを伝えたので思わぬ人から見舞いの電話が入りました。「関根君どげしんしとうや」テレビ報道で台風15号千葉を直撃と知りその被害映像を見て福岡在住の先輩からです。幸い大した被害はないこと、通勤時の計画運休で通勤が大変だったことなどを伝え「よかったね」と安堵の声。そしてしばし近況報告。今回の台風にはさすがにトランプは絡んでいないだろうねなどと落ちも付けて引き上げ。義弟からも女房に「姉ちゃん大丈夫と?」とメールだけで収まらず電話も。いつもは北部九州に台風被害というニュースを聞くのでこちらから大丈夫ですかと声をかけているのですが今回は反対になりました。まあ災害絡みで旧交を温めるというのも妙ですがあり得る話ですね。

9月9日 営業担当者の雑記

昨晩から今朝にかけての台風15号はもろ千葉を直撃しました。昨夜から関東一円の鉄道はストップ、翌朝も午前中は運休との報道がありましたが実際夜中は風雨の音が酷く相当に来ているなという感じはありました。朝起きてさらっと家の外観をみたのですが簾が外れているくらいで大きな被害はなさそうでした。さらにテレビをつけると私が使っている京成線、新京成線は運休。暫く様子を見ていると新京成が先に運行を始めたので津田沼まで女房に送って貰いました。道中にある桜並木が酷いことになっています。直径50cm以上はあろうかという樹木が根こそぎひっくり返っています。一本ならず。道路は折れた枝、葉、どこからか飛んできた看板張り紙などが散乱しており道の真ん中を注意して進まないとパンクしそうでした。電車に乗ってからも二駅でしばらく停車。終点の松戸駅でJRが運休の為客が溢れ新京成がホームに入れないとのアナウンス。参った一日でした。

9月6日 営業担当者の雑記

昨日の帰りにまた京成電車が事故の為遅れているとアナウンスがありました。家につくと京急線神奈川新町駅と仲木戸駅の間にある踏切でトラックと電車が衝突し大変な騒ぎになっていました。実は京成電車が地下鉄浅草線経由で京急とも入れあっているための遅れということがわかったのですがそれにしてもとんでもない事故です。電車は快特でこの辺りでは時速120kmで走っているとのことですが勿論運転手がトラックに気づきブレーキをかけているのでそこまでのスピードではなかったでしょうが大型トラックとの衝突は物凄い衝撃だったようです。トラックは電車と並行している細い道から出るため右折左折を試み結局右折し踏切に入り動けなくなったようです。道を間違えたのでしょうが、時に同じように間違えたトラックがバックで戻ることもあったようです。亡くなってしまった運転手に事情は聴けませんが道を間違った後の判断が不味かったように思うのですが。

9月5日 営業担当者の雑記

日経夕刊に「鳥取の牛骨ラーメン」が紹介されていました。各地にご当地ラーメンがあるが鳥取県中部でこの牛骨ラーメンが根付いてきたのだとか。地元では昔から当然のように牛の骨でダシを取っていたのだがそれが独自の食文化だと分かり全国にアピールしているとのこと。私は福岡出身ですが小倉というところでラーメンは昔ながらの中華そばでした。就職して最初の赴任地が福岡でその時初めて博多の豚骨ラーメンを食べそのすっきりした甘さに驚きました。以来結構食べてきましたが関東の豚骨ラーメンは少々苦手です。何しろ表面に油が浮いているのに「背油を追加しますか?」と聞かれたのには驚きました。豚骨スープはしっかり濾し豚の油臭さを抜きすっきりしたものだと思っていたのですが関東の豚骨スープはギトギトしており手にも油が付く感じです。人により好みはあるのでしょうが関東にも店は沢山あるので是非本場博多の豚骨ラーメンをお試しください。