3月15日 営業担当者の雑記

今日お客様である塾の先生と話す機会があったのですがとても大変なようです。このお客様は二教室運営しているのですが両方の教室のすぐ傍に競合が出来たというのです。それでなくても人口減により生徒をなかなか確保し辛いところに持ってきての競合出現で生徒の奪い合いです。今までこの教室は「部活をしている子に」「学校の授業についていけない子に」懇切丁寧な授業を売りにしていたのですが競合は映像を使い機械をフル活用しさらに個別訪問し一か月無料、二か月無料などのサービスを付けているのだとか。竹槍で戦車に向かうようなものだがといいながら、今回のチラシには堂々と「うちは映像も特別な機械も使っていませんが成績アップにかける情熱とスキルはどこにも負けません」とハンディを逆手に取った訴えをしています。受験勉強は味気ないのではありますがそこに⁺αの人間性を売りにしようというのですがうまくいって欲しいものです。

3月14日 営業担当者の雑記

久しぶりのチョンボ。今週のポスティング予定だということで頂いた注文がお客様から「来週配布だ」とクレームが入りました。すぐに関係先に連絡し配布を止めその詳細をお客様に連絡しですでに配ってしまったところは此方で責任を被り来週再配布するということで了解を貰いました。たまたまクライアントが配布されていたのを見て連絡を頂いたので大きなことにはなりませんでしたが大チョンボでした。申込書、請求書、チラシ搬出と何回も確認のチャンスはあったのですが最初にお渡しした申込書でOKだと思ってしまったのが原因です。普段より1週間早くチラシ、代金を頂いたのももう一つの原因でした。いつもは注文書をお客様に渡す際に「これで宜しいですね」と最終確認を得ているのですが今回はそれを怠ってしまいました。前職でも若いころお客様の最終確認を取ったつもりで仕事を進め全部出来上がってクレームが付きひと悶着したことを思い出しました。

3月13日 営業担当者の雑記

先日前職の先輩から長崎大学山岳部の会報「山」が送られてきました。彼はここ数年会報の編集人をしているようです。出稿している人達はみな卒業から50年位経っているようです。元気な人は相変わらず立山だ乗鞍だと登山を楽しんでいるようですがそれでも余裕を持ったスケジュールでも予定通りにはいかないとも書いてあります。彼は卒業後同大のヒマラヤ遠征時にリーダーだったという猛者で未だに先頭を歩いているようです。会報で初めて知ったのですが2番手を歩くのは隊の中で一番体力のない人が務めるのだとか。確かに最後尾にいるとどんどん遅れてしまう可能性がありますが後ろから突かれるのも難儀なものでしょうね。どこの大学も山岳部の存在が危なくなっていると聞きます。「なんであんなきつい危険なことをやるのだろう」というのは経験のない人の言葉でしょう。たった4年の付き合いが終生続いているのをみると命を託した仲間なんだなと思います。

3月12日 営業担当者の雑記

今日の松戸の最高気温は18度。もういけません。花粉症なのかアレルギー性鼻炎なのかこの時期陽気が良くなってくると毎年鼻がグズグズになります。私の症状はくしゃみが連発することと水洟が出ることです。どちらも朝夜の方が酷い気がします。先日女房に言われたのですが私のくしゃみは一回で収まったことはありませんで多い時には7,8回出ます。鼻水はいつも溜まっているような気がしてティッシュを使います。娘はその上に目がかゆいので普段はコンタクトなのですが花粉症の時期は眼鏡を掛けると言ってました。病院に行くと「いつもの薬ですね」と嫌なところで常連さんになっています。処方された薬で完全に止まるわけではなく何もしないよりましといった程度なのですが。また先生が「洗濯物は家の中に干すようにしなさい」とも言われましたが洗濯物は天日で乾かしたいのでこれは聞かずに先日大枚を叩いて買った空気清浄機の出番としましょう。

3月11日 営業担当者の雑記

2011年3月11日14時46分。もう8年経ったのですね。あの時私は丁度販売店にお邪魔していたのですが突然の激しい揺れでテーブルの上に置いてあったチラシの山が猛烈な勢いで飛び散りパートの女性が泣きながらテーブルの下に身を縮こまらせていたのを覚えています。情報が入ってくるにつれとんでもないことになっていました。2万人近い人たちが想像を絶する津波の犠牲になり安全だと言われていた原発が崩壊してしまいました。いまだに5万人近い人たちが避難生活を余儀なくされているとのこと。人間は悲しいことを忘れることが出来るので生きていけるのですがあまりにもその悲劇が大きすぎると何回も悲しみはユリ戻ってくるのでしょう。「なぜ私がなぜ福島が」きっと大勢の人達が運命を呪っていることでしょう。あまりにも惨たらしい自然の仕打ち。どこにも持っていけない怒り。被害者お人達はまだ何にも収まっていないのでしょうね。