骨を強くする成分について

カルシウムを摂るなら牛乳!!
カルシウムは骨を作るのに最も大切な栄養素ですが、日本人の食事にはカルシウムが不足しているといわれています。牛乳には、カルシウムの量が多く含まれているだけでなく、吸収の点でも優れています。カルシウムの吸収率は、小魚33%、野菜19%に対し、牛乳は約40%で最も効率よく吸収されます。これは、牛乳中のたんぱく質や乳糖が吸収率を高めているからだといわれています。「森永牛乳」200mlには227mgのカルシウムが含まれており、これで成人の目標量(1日600mg~650mg)の約3分の1を手軽に摂ることができます。

img_01カルシウムにも種類が?!
カルシウムにも種類があることをご存知ですか? 種類によって、同じ量を摂取しても、体のカルシウム吸収率が違うんです。
ミルクカルシウムは52.7%、炭酸カルシウムは41.8%、小魚33.7%と、カルダスに入っているミルクカルシウムは体への吸収率が良いのです。

カルシウムはビタミンDとご一緒に!
ビタミンDはカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける働きがあります。

 

おすすめしたい商品

17813542