腸内環境正常にする成分

img_02◆『ビフィズス菌(BB536)』とは?
ビフィズス菌はもともと人の腸内に棲んでいますが、加齢や食生活の乱れとともに減少し、悪玉菌が増えてしまいます。ラクトフェリンFeには、生きたまま腸まで届くビフィズス菌(BB536)が入っています。
一般的にビフィズス菌は酸や酸素に弱いのですが、ビフィズス菌BB536は他のビフィズス菌に比べて、酸や酸素に強く、製品の中での生菌数が高く、生きたまま大腸に到達することができる菌です。長年の研究から、整腸作用をはじめとして、感染防御作用、アレルギー予防作用、血中脂質改善作用、発がん予防作用、骨強度増強作用など、数多くの機能性が明らかにされている菌です。

世界の30カ国以上で利用!
40年以上にわたるビフィズス菌BB536の研究や製品への応用から、安全性が認められ、米国においてGRAS認定(Generally Recognized As Safe、「一般的に安全と認められたもの」)を受けました。
img_04


img_04◆『シールド乳酸菌(モラック乳酸菌)』とは?
シールド乳酸菌(モラック乳酸菌)は加齢とともに低下する免疫力に着目して森永乳業が発見した乳酸菌です。本来備わる健康力をサポートする働きがあることがわかりました。


食物繊維はどれくらい必要??
1日に必要な食物繊維は18グラムと言われていますが、日本人の平均摂取量は13.7グラムと不足しがちです。不足しがちな食物繊維を補うのに毎日一本飲む習慣をお勧めします。